プログラミング初心者、いろんな教材・言語に手を出しがち

プログラミング勉強

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

プログラミング初心者、いろんなプログラミング言語に手を出しがち。

自分を含めていっていることですが、プログラミングの勉強初期からいろんな言語、いろんなスキル、いろんな教材に手を出しすぎです。

例えば、一つの教材が終わるまで次のを買わないなどルールを決めたほうがいいです。

いろんなプログラミング言語、いろんなスキル、いろんな教材に手を出しすぎ

決めずにとりあえず良さそうだと思ったものをどんどん買ってしまい、

  • どれも中途半端で終わっていない
  • 買って満足
  • 始めてもいない

というのがありがちな話です。

というか、自分も結構やってました。

将来必要になるだろうから、ということで先読みして勉強するのは素晴らしいと思います。

先読みしすぎて、いろんな教材、いろんなスキル、いろんなプログラミング言語を勉強してしまってどれも中途半端というのは勉強初期のころはよくありました。

プログラミングをやりたいといっても、いろんなエンジニアの種類がありますし。

例えばアプリを作りたいということであれば、アプリを作るのに適したプログラミング言語を優先的に勉強すべきだし、Web制作をやりたいということであれば、WEB 制作に特化したプログラミング言語を勉強すればいいだけの話なんですけどね。 

あれもこれもと手を出してしまい、なかなか前に進まない

さらにいえば、例えばプログラミングでないけど、デザインもやりたいということになったら、さらに幅が広がって大変です。

1日24時間。

時間は限られています

やりたいことがたくさんあるのは分かりますけれど、ある程度をやることを絞っていかないと、結局なに一つちゃんと身につかないんじゃないかなと思っています。

よくいえば八方美人、悪くいえば器用貧乏。

その事実になかなか気づかないと、ぱぺまぺのように例えば、

  • 教材を買ったけど買って満足し、いつかやると思ってなかなかやらない
  • Udemyの動画教材を買ったけど、次のが終わる前にまた次のを買ってしまう

みたいな状況は避けられると思います笑

いろんな教材を買うことは悪いことではないんですが、結局時間が経って先読みしすぎて勉強しても結局忘れてももう1回復習することになるんです。

教材のみならず、プログラミング言語も同様です 

使うかどうかわからないけれど、いつかやるかもしれないからという先読みしてプログラミング言語を勉強してしまいがち。

PHPも必要でRubyもやりたいから両方勉強する!・・・みたいな。

もしくはプログラミングやりたいけど何から勉強すればいいか分からんからとりあえず色々やってみよう、という感じであちこち勉強するのは、まさに勉強をし始めた当時の自分がそれです。

そういった勉強はほどほどにしたほうがいいかなと。

自分は、プログラミングはインプットもアウトプットも両方重要だけどアウトプットのほうがより重要だと考えています。

稼ぐことを目的にしたいならば、いろんな言語や教材に手を出していつまでもインプットするよりも、インプットはほどほどにアウトプット中心の勉強に切り替えたほうが良さそうです。

ぱぺまぺの場合、結局いくらインプットをしても忘れてしまうものなんですよね。

アウトプットとして使わないことには覚えられない、と。

インプットはアウトプットするための準備運動みたいな感じで思っています。

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。