やっている勉強法が不安なのは、現役に聞いたら解決した

プログラミング勉強

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

web制作、もしくはフロントエンドエンジニア系の転職を目指して勉強中です。

基本的には、

  • progate
  • ドットインストール
  • Udemy
  • メンターさんの課題

これらを駆使して勉強をすすめています。

 

ぱぺまぺの周りでは、プログラミングの勉強をしている人が皆無なので、本当に今やっている勉強をというか、学習のやり方が正しいのかどうかがよく分からないんですよね。

ぱぺまぺは、過去にテックアカデミーというオンライン型のプログラミングスクールを利用したことがあります。

そのときの感想記事が↓です。

テックアカデミーのレビューとおすすめ

2019年7月11日

独学で、一人でやっていることの不安

勉強のやり方が不安だと、学習意欲というかモチベーションも上がらないんですね。

それでも手をかえ、品をかえ、いろいろ工夫していますが。

 

  • progate → 公式とは別で、ローカル環境化で同様のことを行う
  • ドットインストール → コメントなどこまめに残して、あとで見返す
  • Udemy → コメントなどこまめに残して、あとで見返す
  • メンターさんの課題 → 「解答」はメンターさんしかわからないので、アウトプットの勉強になる

 

こんな感じ。

動画系の教材は、なるべく複数回勉強するようにしないとですね。

 

参考になるようなリアルガチエンジニア知り合いがいないため、↑でやっているような勉強法があっているのかよくわからないです。

すすみが遅いうえに、先が見えないから不安ですね。

 

周りと比べるのではなく、昨日の自分と比べる

とはいえ、ちょっと前までマジで1行もコード書けなかったことを考えると、今はだいぶ成長したような気がします。

まだオリジナルのものをつくることはできませんが。

 

それでも、ググって時間はかかるかもですが、課題とか終わらせることはできます。

progateやドットインストールでインプットばかりだとよろしくない、というのは自分でよくわかりましたね。

 

それでも不安なら、ネットでエンジニアの人に聞いてみる

不安点のささやかな解消としては、Twitterでもなんでもいいんですが、実際にエンジニアとして、Web制作をやっている人に聞いてみるのもひとつの手です。

ぱぺまぺも、地元でweb制作やっている人に、Twitterでどんな勉強をしたとか聞いてみたりしました。

参考になる意見もあったし、やっぱり最初はみんなそうなんだ~っていう感想ですね。

 

最初はだれでも初心者。

ぱぺまぺがやっているような勉強をやって、オリジナルのものをつくり、自営でやっている人ならば企業さんから見つけてもらえたり、仕事をもらったり・・・ とかそういう感じ。

それを少しずつ続けていきだんだんと仕事が増えてくようになった、と。

 

うん、やっぱり現役の人に聞くのが一番ですね。

リアルにいなければ、ネットで聞けばいいのです。

 

良い時代になりました。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。