リスクのない投資はありません

投資 投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

ぱぺまぺは基本的に日中社畜しています。

ついでに投資もやっていて、⬇のような感じで毎日送ってます。

ぱぺまぺについて
・手取り20万円に届かない低年収
→少額でできる投資1年以上継続

・朝早く帰りが遅い社畜の典型
→2018年7月から1日1記事更新、コツコツやって200記事達成

・低年収な社畜✕投資家✕ブロガー

 

ぱぺまぺは投資歴が浅い投資家です。

ETFや投信など株式系に投資していて、それなりにリスクをとって投資しています。

 

投資でそれなりのリターンを得たいなら、それなりのリスクを背負わないとダメですよ。

 

無リスクで大きなリターンを得るとか、そんなの幻想です。

投資をやらない人って、投資でお金を失う、もしくは借金を背負うとかでリスクを取りたくないから投資しない人もわりといます。

 

ぱぺまぺの周りでは投資をやっていない人だらけですが、中には⬆の理由でやらない人もいるんですね。

でもギャンブルはやるという・・・。(あいかわらず意味がよくわからないのですが)

 

どんなに低リスクでもリスクはあります

 


投資の世界においてリスクは、リターンの変動幅の大小のことです。

投資をよくしらない人たちには、リスク=危険=損失!みたいな感じになってますね。

 

つまりマイナスの方向にしか考えていないわけです。

投資の世界のリスクは、逆に大きくプラスになる可能性もあるのですが。

 

投資に迷っている人は恐らくそもそも資金がないかやりかたが分からないとかなんですが、

  • 資金はあるけど損をするのが怖くてできない
  • 投資に興味あるけど目先の金がほしい

 

こういう人たちも一定数いるんですね。

 

前者は投資=ギャンブル!というイメージを持っています。

後者は今金が欲しい、もしくは明日遊ぶ金が欲しい、という人たちです。

 

ぱぺまぺの周囲の話ですが、なぜかそろってギャンブルに走るんですよ。

パチンコとか。

 

目先の金で、という意味だったらギャンブルのほうがはるかにリスクあるんですが・・・。

 

いわゆる低リスクな投資とはなにか、を考えてみました。

  • 元本が戻ってくる債券投資
  • 楽天ポイント、dポイントなどポイント投資

 

ぱぺまぺがパッと思いつく極めて低リスクな投資はこれくらいですかね。

債券投資とポイント投資のリスクとは

代表例として債券投資とポイント投資をあげました。

じゃあこの2つはリスクはどういったものがあるのか、

一見なさそうなんですが、あります。

 

債券はほぼ元本保証型の投資法で、満期になれば金利分が+になって元本とともに戻ってきます。

 

債券投資については⬇の記事でも書いています。

日本債券

アセットの特徴・日本債券編

2019年3月1日

 

超ざっくりというと、

  • 金利変動リスク
  • 信用リスク
  • 為替変動リスク
  • 途中償還リスク

 

というリスクが債券投資にはあります。

 

ポイント投資はどうか。

ポイント投資の場合は、運営元のサービス改変とかサービスの終了、というのがありますね。

 

良い方向でのサービス改変ならいいのですが、往々にして改悪されます、こういうのは。

ポイント投資で長期投資はちょっと不向きなんですよね、そういう意味では。

 

こっちは長期投資のつもりでポイント投資をやっていても、ある日突然運営元が〇月〇日にこのポイント運用サービスを終了します、なんてやられたら長期投資はできませんよね。

 

損失が怖くて投資ができない

 

たしかに損失は怖いですね。

ですが、ぱぺまぺからいわせれば投資しないで銀行にお金預けてるだけのほうがよっぽど怖いですよ。

 

将来的にはゆるやかにインフレになっていくので、銀行に預けてあるお金は実質目減りします。

 

なるべく現金をもたずに、というわけにはいかないので一部を現金以外に替えましょう。

具体的には、

  • 株式
  • 金など貴金属

 

インフレ対策としては⬆の2つがポピュラーです。

 

少々のリスクで投資に慣れよう

少額投資

ということでリスクのない投資はありません、というのが見解です。

 

 

じゃあ積極的に投資するか、となってもなかなかできないのはわかります。

 

とはいえ、銀行に預けてあるだけでは将来じり貧です。

なので、少額でもいいから、投資に慣れておいて、ゆくゆく投資額を大きくしていくといいです。

 

ぱぺまぺも最初はそんな感じでやってましたから。

  • ポイント投資
  • 投資信託(100円から買える)

 

少額で投資を始めるなら⬆の2つがよろしいかと。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




data-matched-content-ui-type="image_sidebyside" data-matched-content-rows-num="4,3" data-matched-content-columns-num="1,3"

応援クリックよろしくお願いします。