リスク資産と無リスク資産の割合

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

今回のコロナショックを受けて、リスク資産と無リスク資産の割合を考えて投資したほうがよかったな~と思いました。

 

自分のポートフォリオのうち、金融資産、つまりリスク資産ですが、どれくらいになりますかね?

割合を忘れてガンガン投資して、いつのまにか無リスク資産よりもリスク資産の割合がめちゃめちゃ大きくなっているという場合は注意です。

 

というのも今回のコロナショックのような場合が起きた時に、ポートフォリオの半分以上が削られた場合精神的に耐えられるかどうかという問題が発生するからです。

 

投資におけるリスクの取り方は人それぞれです。

 

 

ここでう金融資産は例えば、

  • 株式
  • リート
  • コモディティ
  • 債券

 

などなどですね。

投資信託やETF、株式などがほとんどでしょう。

 

そしてここでいう無リスク資産は、ぱぺまぺの中では現金がそれにあたります。

無リスク資産とリスク資産を合わせた全資産のうち、6割が金融資産、4割が無リスク資産という感じで今のところぱぺまぺのポートフォリオはそうなっています。

 

目標は6:4~7:3ぐらいにすることです。

 

  • 半分ではリスクがちょっと足りなすぎる・・・
  • 8:2ではリスクが高すぎる・・・

 

という感じで中間を取ってる感じです。

 

ポートフォリオは、「金融資産+現金」で考慮すべきです。

 

よくポートフォリオというと、株式や投資信託、ETFなどの商品を、何をどのくらい買っているとかを合わせたポートフォリオ を見かけます。

なんか円グラフみたいなやつです。

ワンタップバイ米国株最終成績

 

↑は、参考までにぱぺまぺがワンタップバイで保有していたポートフォリオです。

(なお、ワンタップバイの保有銘柄は株価がめちゃくちゃ調子がいいときにすでに全売却済み)

 

こういう感じのポートフォリオはよくみかけます。

グラフの黄色部分が現金ですが、現金が含まれていないポートフォリオの円グラフは特によく見かけますね。

 

本来ならそこに現金も加えるべきなんですよね。

よく見かけるのはそれは金融資産だけのポートフォリオです。

そこに現金も加えて常に考えるべきだと。

 

金融資産だけだと、結局金融資産は現金に対してどれくらいの割合なのかとか、 現金と合わせるとどれくらいになるかと把握できません。

それしか常に見ていないと、気が付くと自分のポートフォリオの金融資産の割合がめちゃくちゃ高くなっていたり。

 

ちなみにこの辺りの割合というか、どれくらいの比率が適切なのかは、人により、リスクの取り方によって違います。

 

めちゃくちゃリスク取ってもだいじょう!という人は、金融資産の割合が高くなるだろうし、もっと低くてもいいという人はリスク資産の割合が少なくなるでしょう。

 

結果として暴落相場・下落相場の状態になった時に実際にどれくらい精神的に耐えられるかということに直結します。

 

リスク高くてもだいじょうぶと思って高めに設定していたのに、結局暴落相場に耐られなかったという人もいるでしょう。

そういう人は自分が思っている以上には、自分のことをリスク管理できていなかったわけです。

 

その場合、少しリスク資産の割合を下げる。

今回のような相場がきて全くだいじょうぶだった人は、もう少しリスクをあげても平気なのかもしれません。

このあたりは実際自分が設定してその時の状況になってみないとわからない、ということがほとんどです。

 

ぱぺまぺの場合は、今回そんなにリスクを高く設定していなくてよかったなと思っているし、現金もある程度保有していて正解だったなと思う部分もありました。

 

投資は、やってみなければわかりません。

売却して損益を確定さえしなければ、多少のマイナスは考慮にいれて、徐々に比率を調整していけばいいです。

 

こまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。