リスク許容度をあげる方法

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

ぱぺまぺは、心配性なので債券にも投資していました。

三井住友・日本債券インデックスファンドで手堅く投資する

2019年1月7日

 

⬆の債券投信ですね。

つみたてNISAでやっていました。

 

今はそちらへの投資は取りやめとして、株式に注力しています。

 

自分の中のリスク許容度をあげ、積極的に株式に投資していくこととしています。

そのリスク許容度を上げる方法ですが、ぱぺまぺの場合、

  • キャッシュを多く持つ
  • 収入の幅を広げる(副収入など)

 

この2点です。

 

リスク許容度を上げるには現金

 

 

投資の誤解


ぱぺまぺは、20代、30代のころは積極的に株式へ投資していくのが最適だと考えています。

年齢で投資のやり方を変える

2019年7月31日

 

投資に対して心配になってくると、株式だけでなく

  • 債券
  • リート
  • コモディティ

 

など他のアセットに投資したくなるものです。

別にそれはそれで構わないんですが、もっと株式に集中的に投資するには、自分の中のリスクの許容度を上げていきましょう。

 

株式だけじゃ心配だから他の資産クラスにも投資しておく、というこれがリスク許容度が低い。

つまり、自分の資産がある日半分になった時に投資から撤退してしまうとか狼狽売りしてしまうとか、それに耐えられるかどうかの話ですね。

 

ぱぺまぺはリーマンショック以後の、しかも株価がある程度回復してから始めた投資家なので、いわゆる大暴落を経験していません。

 

リーマンショック級の大暴落が起きても数年待てば回復する程度のことは、知識として知っているのみです。

実際その時がきたときに、ぱぺまぺ自身が耐えられるかどうかがわからないんですよね。

 

ただリーマンショック級の大暴落でさえ回復するのだから、ちょっとやそっとの暴落程度では多分動じないのかと思われますが・・・。

 

ただやっぱりそれがよくわからないから、他の資産クラスに投資してしまうわけです。

 

もしも株式にだけ注力するならば、自分の中のリスク許容度を上げていく。

 

どうやってあげるのかといえば、基本的には キャッシュ、つまり現金を多めに取っておくことですね。

 

現金は、投資の精神安定剤代わり

外貨預金2

 

キャッシュが少なく、リスク資産に多く振り分けていれば、それだけ自身のポートフォリオが市場のリスクに晒されます。

その逆であれば、自分の資産が減るリスクも少なくなりますね。

 

多少、金融資産が下がったとしても、キャッシュがあれば耐えられます。

キャッシュがあれば追加投資もできますし、 なというか、精神的安定剤的な役割ですね、現金は。

 

前にも暴落・下落に対応するにはキャッシュそ備えておくのが必要だ、というような趣旨の記事を書きました。

暴落への備えはどうすべきか

2019年7月28日

 

いつ暴落がくるか分からないし 、現金なんてすぐに準備できないよ、ということもあるでしょう。

給料もそんなにすぐに上がるわけでもないですからね。

 

となると、方法としては

  • 副業する
  • 節約する

 

の2つです。

 

副業をしてとりあえず収入の幅を広げる。

節約は、固定費とか余計な部分を削ることによって支出を抑えます。

 

節約はある意味給料アップと同様の効果があります。

カンタンにできる節約は、

  • 不要な生命保険解約
  • 使っていない・利用頻度が少ない月額サービス解約
  • 格安SIM導入

 

こんな感じ。

もっといろいろありますが、手始めにやるには⬆のやつからやってみるといいかも。

現金が貯まれば、備えられる

 

現金は、いろいろ使えます。

日常生活で使うことはもちろん、投資の世界においては、

  • 追加投資できる
  • ポートフォリオが大幅減になっても、無リスク資産の現金で耐えられる

 

基本的には⬆の2つです。

暴落して実際に追加投資できる精神状態であるかどうかは別として、追加投資するための資金が手元に残ってる、その状態が安心を生み出します。

 

暴落は、それだけ銘柄を安く買えることですから、できることなら追加投資していきたいですね。

 

暴落・下落相場のときに自分のポートフォリオを眺めたとき、赤字のマイナスでげんなりします。

ですが、現金という資産が手元にあるだけで、なんとなく安心するわけです。

 

現金は、市場にさらしていない資産クラスですから、株価が暴落しようが上昇しようが関係ありません。厳密には違いますが・・・。

 

投資は、継続してこそです。

暴落相場で、投資がイヤになってやめてしまってはせっかくのチャンスを逃してしまいます。

 

そのチャンスをつかむためにも、現金というものを常日頃備えておくわけですね。

現金を常に備えておけば、株式への投資にも力が入りますし。

 

精神的安定にもつながる感じです。

 

それが、ぱぺまぺのリスク許容度をあげる方法、ですね。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。