貯金と節約の癖を普段からつけておく

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

投資をやる以上、そのための資金が必要です。

その資金を捻出するために、貯金とか節約とかやってるも同時にやっているわけですが、そもそも当初は投資をやるために貯金と節約をやっていたわけではありません。

 

投資をやる以前は、貯金と節約だけしていましたが、それがあったから投資ができたようなものです。

 

貯金と節約の癖をつける

 

貯金と節約の癖は、普段からつけていた方がいいです。

投資をやるにしても、やらないにしてもです。

 

投資をやるならば、ある程度種銭が必要ですから、貯金や節約でお金を貯めてから・・・という感じで使うこともできます。

 

「お金が全て」というわけではありませんが、お金がないとなにもできないのも事実ですからね。

 

貯金と節約は、先取り貯金が有効

 

理想的なのは、先取り貯金です。

給料など収入からまず貯金分をとり、余ったお金でやりくりする、というものです。

 

いろいろ使ってから、余ったお金を貯金する、では貯まりません。

断言します笑

 

先取り貯金のいいところは、貯金もできて節約志向も身につく、という点ですね。

余ったお金でいろいろやる、ということは、自然と手元にあるお金だけでなんとかしようとするわけですから、節約志向もそりゃ身に尽きます。

 

普段から先取り貯金できていればいいですね。

今はネットで探せば、節約の方法なんていくらでも見つかるわけですから、後はやる気さえあれば節約なんてできるわけです。

 

最も、節約してもお金が足りない、という人もいるでしょうね。。。

悲しいことに。

 

そうなったら副業するとか転職しか道はないかもですね。。。

 

まあ、とりあえず、いつなにがどうなってもいいように、普段から貯金や節約志向を身に着けておきましょう。

お金さえあれば、なんとかなりますから・・・。

 

 

今回は短いですが、ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。