節約といっしょに投資をやる

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

ぱぺまぺがかつて会社で働いていたときですが。

なんとか手当とかついたりしてごまかされてますが、基本給はずっとあがりませんでした。

給料はなかなか上げられず、ですが手当はカンタンに外せるらしいです。

少ない手取りをなんとかかんとかやりくりしまして、どうにか投資資金を捻出したりと、涙ぐましい努力をしておりました。

投資をする前は、貯金と節約しかしてこなかったので、もともとお金を貯める、という行為は好きなんですよ。

まあ、お金を貯めるのはだれでも好きだとは思いますがね。

今でこそ投資をしていますが、少ない資金で貯金と節約だけしていたらどうだったでしょうか?

*過去のいくつかの記事を統合・追記しました。

節約は、昇給と同じ効果が得られます。

実は節約をすることはある意味で、収入がアップしたのと同じ効果が得られるのです。

小難しいことでもなんでもなくて、例えば、

  • 5万円の固定出費を、1万円節約する → 1万円余計に手元に資金が残る。
  • 雑費の一部を5000円節約する → 5000円余計に手元に残る。

定期収入が同じ金額ならば、固定費や雑費なども同じだけで支出している人もいるでしょう。

入りが同じで、出も同じ。

だからお金がなかなか貯まらないのです。

給料が上がらない、ボーナスなどのブーストがなければ入りは同じです。

ですが、税金は上がるし、人間の欲望は無限大なので、出は増えていく一方です。

副業をするなどの時間がとれなければ、今すぐできる解決策は節約することです。

出費を抑えると、収入が増える錯覚

固定費の削減に関する記事は過去にも書いています。

固定費 見直し

固定費を見直す方法

⬆の記事は、固定費の削減は超大事ですよ、ということを伝えています。

出費を抑えれば、当たり前ですがそれだけ手元に資金が残りますよね!

給料はアップしていないけど、節約したぶんだけ資金が手元に残る。

ただこれだけなんですけどね。

錯覚みたいなもんですね。

入りが同じなら出を抑えればいいのです。

一番効果的なのが、やはり固定費の削減です。

  • 家賃が高ければ、安いところに引っ越す
  • 携帯電話料金が高いなら、格安SIMなどを導入する
  • 高額なプランの生命保険に加入しているなら、プラン見直しか不要な保険を解約する
  • あまり利用していない月額サービスは解約してしまう

もうこれだけでいいのです。

これだけやれば、年間にすればちょっとした金額が手元に残りますよ。

ちなみにぱぺまぺは、家賃の項目以外は全て実施しています。

残ったお金の使い道は?

このあたりは本当に人によりけりです。

ぱぺまぺだったら投資することを推奨しますが、ぱぺまぺの周りで投資をやっている人がほとんどいない(というかいない笑)現実を考えると、

  • 自己投資に使う
  • 趣味に使う
  • 借金などの返済にあてる
  • 貯金する
  • 生活の質をあげるのに使う
  • 生活費、教育費などにあてる

このあたりになるでしょうか。

節約したお金が増えた分、いつもよりもほんの少しだけできることが増えるのは良いですよね。

ちなみになぜ節約したお金を投資資金にあてることをすすめているかというと、そのお金が将来何倍にもなってかえってくる可能性を秘めているからです。

毎月1万円節約してその分を積立投資にあてる。

節約したお金だけ積立したって、年間12万円です。

ただ貯金したのでは12万円しか貯まりませんが、投資に使えば、もっと増える!かもしれない。(減る可能性も同時に秘めていますが・・・)

ただ節約するだけじゃなくて、いっしょにお金の使い道も考えてみることをおすすめします。

節約は、金銭の根本的解決にならない

支出を抑えれば、確かにお金はそれだけ手元に残ります。

ですが、実際のところ細々とした資金が残る程度です。

自販機やコンビニで買い物をしないといっても、劇的にお金が手元に残るわけでもないし。

例えばなるべく家賃のかからない家に引っ越すとか、実家に住むとかのレベルで節約しないと、万単位のお金は手元に転がってきませんね。

  • 自販機やコンビニで買い物をしない
  • 外食をしない
  • 必要なものしか買わない

といっても人間の欲望は無限大。

不満やストレスもたまるものです。

結局爆発して散財してしまうオチです。

それでは意味がありません。

となるとやっぱりお金を増やすには、入口を増やす=稼ぐしかありません。

給料を上げるとはいっても実際はなかなか上がらないものです。

給料が上がらないならば節約だけ考えた場合支出を抑えるしか、手元に資金を多く残す方法がないんですよね。

しかし節約だけでは資産を増やすという点においては限界があります。

節約はあくまでも、資産を増やすいくつかの方法の中の1つにしか過ぎない、ということをいいたいです。

資産を増やすための4つの方法

  • 節約
  • 貯金
  • 投資
  • 副収入

おおまかにいえば、この4つです。

給料が上がらない、という前提でもこの4つを使いこなせば資産を増やすことはできます。

1つだけではだめです。

この4つを使うからこそ良いのです。

↓のような流れをすればカンタンな話なんですが。

  1. 社畜して労働収入を得る
  2. 時間的余裕があれば副収入を得る(副収入)
  3. 支出を抑える (節約)
  4. 余裕資金で投資する (投資)
  5. 残りの資金を貯めておく(貯金)

人によっては副収入部分がない人もいますが、あるにこしたことはありません。

副収入もできれば飲み会や遊びには使わずに貯金、もしくは一番おすすめなのが投資に使うことです。

そして投資して配当金・分配金がでれば、さらにそれも投資する。

まるで雪だるまのように資金が積みあがっていくでしょう。

ちなみに投資はなにに投資すればいいのかというと、いろいろあるのですが、おおざっぱにいうと↓のような感じです。

  • 配当金、分配金がほしい ・・・ ETF、個別株投資
  • じっくり資産を増やしたい・・・ インデックス投信
  • 外貨建てで資産をもちたい・・・ 外国ETF、外国個別株投資(米国など)

貴金属投資など、金やプラチナに投資するという方法もありますが、株式投資に比べるとあまりうま味はありません。

そもそも資金が少ないのですから、あまり資金を分散させずに株式投資やインデックス投信、ETFに資金を回したほうが無難です。

資産を増やす近道は、節約以外も全部やる

株式

というわけで、節約だけじゃなくて、↑であげた、

  • 節約
  • 貯金
  • 投資
  • 副収入

これら4つを併用していきましょう。

ぱぺまぺのように手取り収入が少ない人が資産を増やすにはこれが一番です。

じっくりコツコツ、淡々と。

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。