自作分散投資で、バランスファンド不要

世界株式投信&バランス投信

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

ぱぺまぺはあまりバランスファンドを好みません。

バランスファンドは、

  • 株式(先進国、新興国、日本)
  • 債券(先進国、新興国、日本)
  • リート(海外、日本)
  • コモディティ

 

これらあらゆる資産クラスを組み合わせて、もしくは特定のアセットを組み合わせた商品です。

 

お手軽に複数の資産クラスに投資できるのは魅力的なんですが、、、。

自分で細かに資産クラスを調整して投資するなら、バランスファンドは不要かな、と。

 

自作分散投資でバランスファンド不要


複数の資産クラス、例えば、株式・債券・リートなど複数まとめて一気に投資と管理であれば、バランスファンドは有効な手段です。

 

ですが、ぱぺまぺは株式メインの投資をしていて、しかも米国重視です。

特定の地域にだけ注力し、特定の地域はあまり資金を投入したくないんですよね。

 

そういう場合、最初から比率が設定されているバランスファンドは、あまり向きではありません。

バランスファンドの一例

 

セゾン投信資産配分

↑のは、セゾン投信のバランスファンドです。

株式と債券が50:50の比率で設定されていますね。

細かいところでいえば様々比率が違いますが。

バランスファンド

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは、高コストなバランスファンド。

2019年5月21日

 

そして、よく見かける資産均等型バランスファンドです。

綺麗に比率が設定されています。

 

↑のものの類似商品で、リート抜きのもあるし、リートと新興国株式・債券抜きもあります。

 

特定の資産クラスだけに資金を投じたい

上述したように、ぱぺまぺは株式がメインの投資です。

そして株式の中でも、

  • 米国
  • 先進国(日本除く)

 

にだけ資金を多めに投資したいのです。

さらに細かいところをいうと、日本株式や新興国株式にはあまり資金を投じなくてもいい、と考えています。

 

また、資産クラスにおいても

  • コモディティ
  • リート
  • 債券

 

これらの資産クラスには現在は投資していません。

唯一、海外リートだけ少額で投資信託で投資していますが、メインではありません。

 

ぱぺまぺは最近米国株式に力を入れすぎたので、先進国株式、しかも欧州系の株式の比率を上げようかな、とか考えています。

こういった細かい調整をするとなると、バランスファンドは不向きです。

 

バランスファンドのほうでさいしょに比率が設定されているし、比率が偏っても自動的にリバランスもされてしまいます。

ぱぺまぺのように、

  • 米国株式比率を下げつつ、欧州株式系比率を上げたい
  • 日本株式と新興国株式は、重要視しない
  • 債券、リート、コモディティ不要

 

という感じの投資をしたい場合はバランスファンドでは実現できません。

 

こういう場合は、自分でETFなり個別の投資信託を投資します。

個別であれば金額も自分で調整できますしね。

 

バランスファンド一本だけのほうがコスト的には安いのかもしれませんが、ぱぺまぺはコストを犠牲にしてでも自作したほうがいいと考えます。

 

とはいえ、バランスファンドは

  • 投信1本で複数のアセットクラスに投資可能
  • リバランス自動

 

このあたりは優れているのでバランスファンドも使いようです。

ぱぺまぺは今のところバランスファンドを保有する予定はありませんが。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。