「途中で投資を辞めた銘柄は売却」というルール

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

なんちゃってバイ&ホールドを使って投資したけど、結局途中で投資を辞めてしまった銘柄とか皆さんはどうしてるんですかね?

ぱぺまぺの場合ですが、投資しなくなった銘柄は基本的に1円でもプラスになったら売る、という風にしています。

投資辞めた銘柄は売ってしまう

その銘柄を保有した状態でもいいんですが、ぱぺまぺはポートフォリオごちゃごちゃになるのも嫌です

この先ずっと投資しないつもりなのにそのまま保有しているということは、そのぶんの資金が一種の固定化された状態になります。

今後も投資していく銘柄なら構いませんがね。

配当金・分配金が出るならまた話は別なんですが、 追加投資もしないということは 株数が増えないわけですから、当然もらえる分配金配・当金も増えません。

まさに配当金・分配金をもらうためだけの銘柄になってしまいますね。

本来であれば、追加投資をし、株数が増えてくれば当然分配金・配当金が増えますので、後からさらに再投資をして…ということはできません。

投資して銘柄暴落したとき、後悔感じたら売却候補

売る銘柄かそうでないかのぱぺまぺの中の基準は、半値になっても買いたいと思える銘柄かどうか、ということですね。

これは今回のコロナショックでわかったことなんですけどね。

コロナ・ショックで学んだこと

 

コロナショックで株価がめちゃくちゃ下がり、もちろんぱぺまぺのポートフォリオも大打撃を受けました。

保有銘柄もすべてがマイナスになりました。

投資しなきゃよかったと思うものもあれば、これは追加投資しなきゃと思う銘柄の二つのグループに分かれたんですね。

追加投資しなきゃと思う銘柄は、多分自分の中で半値になっても買いたい銘柄に数えられる銘柄だと思うのです。

まぁ実際に本当に半分だったらどうかはわかりませんがね笑

一方軽く後悔した銘柄は、自分はこの銘柄にそこまで愛着はないんだな、と自分の中で思ったわけです。

だってこの先に30年も継続投資していくわけですから、そのに30年の間に株価がめっちゃ上がったりめっちゃ暴落したりする時が何回もあると思うんですよ。

上がろうが下がろうが関係だと投資できる銘柄こそ、長期投資に値すると考えます。

なのでそれに当てはまらない銘柄に関しては売却する、という方針で固めたわけですね。

それはとても良い経験になりました。

そういうわけで今現在は、マイナスの銘柄もありそれがプラスになったら売却して、ポートフォリオに残す銘柄は、基本的に半値になっても追加投資したいと思える銘柄だけのポートフォリオにしようかと考えています。

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。