だれでも、少額でできるほったらかし投資術

投資入門

スポンサーリンク







少額からでも投資をはじめよう

どうも、ぱぺまぺです。

 

ぱぺまぺは、東北地方の某中小企業勤めで、年収200万ぐらいです。

ボーナスはでないです。

 

毎月4~5万円をなんとか捻出して投資資金に回しています。

税金、奨学金、年金、携帯電話、ガソリン諸々・・・。

 

そういう試練を乗り越えて捻出した資金です。

有効に使いたいですよね。

 

人によって、この資金の金額が違うと思うんですよね。

ただぱぺまぺは、投資資金は余裕資金で運用するべきだと考えています。

 

生活費を削ってまで、苦しい思いをしてまで投資に資金を回すのはどうかな~と。

ぱぺまぺの場合はギリギリの範囲で余裕資金で運用しています。

 

そんなぱぺまぺみたいな貧乏人でも投資ができる環境が整っているのは、本当にありがたいことです。

 

今回は、投資方針や少額投資計画についてのお話です。

 

投資方針・少額投資計画

 

まず自分の現状を把握してみます。

ぱぺまぺの場合はこうですね。

ぱぺまぺの投資環境前提条件

  • 投資資金は毎月一定額だせるとは限らない。
  • 過去の傾向から毎月投資資金は40000円前後。
  • ボーナスのような急な収入はないと考える。
  • 自身の年齢から、少なくとも定年まで30年以上という時間があること。
  • 返済中のものが2年以内に終わること。

 

現状を把握することが大切です。

現状を把握したら、自分が何に投資するのか、だいたいの方向性を決めます。

 

投資方針

  • 原資が少ないうちは、少ないなりにコツコツ地道にインデックスファンドに投資します。
  • また、少額で個別株にも投資します。(ワンタップバイを使用)
  • 投資先は米国を中心にしますが、それ以外の国々にも投資することにします。(国際分散投資)

 

基本的に資金が少ないので、100円から投資することができるインデックス・ファンドを活用するのがベターです。

一般NISAやつみたてNISAという便利な制度がありますので、それも活用していきましょう。

 

そして投資の王道は分散投資だと勝手に思っていますので、米国、日本、先進国、新興国に分散して投資します。

可能なら、個別株にも投資します。

ただし、1000円から投資できるワンタップバイを利用してですが。

 

ほったかし投資に向いているもの

 

日々仕事に日常に忙しくしてて、そんなに忙しいのに、投資までしちゃってチャートが気になって身が入らない。

そんな人もいるんじゃないでしょうか。

 

ぱぺまぺは、基本的にチャートとかほとんど見ないです。

インデックス投信をメインにやっているせいでしょうかね。

 

一日一回か二回ぐらい見るだけですね。

評価額が上がってようが下がってようが、もうなんとも思わないんですよね。

 

なんかこう、あ、赤いの多いな(全体的に評価額+)

あ、今日は青い青い(全体的に評価額-)

 

この程度の感想しか思い浮かびません。

 

ぱぺまぺはいくつかの投資商品に投資していますが、下のどれがほったかし投資に向いているか考えてみました。

 

  • 個別株
  • ETF
  • 投資信託

 

この3つですが、どれがほったらかし投資に向いているか。

それを考える前に、ほったらかし投資の条件についてのお話を先にしましょう。

 

ほったらかし投資の条件

 

ぱぺまぺが考えるほったらかし投資の条件です。

ほったらかし投資条件

  • 機械的に積立投資できる
  • 大金を必要としない
  • 値動きを気にしない投資先
  • 長期投資前提

ほったらかしということは、日常でも仕事においても、ほとんど空気のように気にしないレベルになっていることでしょうね。

 

すなわち、一度積立設定してしまい、かつ買い付け余力にも資金が配置されるようになっている。

気にするべきは、買い付け余力に投資資金を反映させ忘れですね。

 

それさえ気をつけておけばあとはほったらかし。

ぶっちゃけ値動きとかいちいち気にしてみる時間ももったいないですよ。

 

そんぐらいの意識でいきましょう。

条件に、大金を必要としない、としたのは急な家計・経済状況の変化に対応するためです。

 

生活資金を逼迫してまで投資資金に充てていると、急に経済状況が悪化したりすると、投資も生活も両方困ります。

なので、投資は余裕資金で行うべきなのです。

 

もともと大金を持っている人はいいんですがね。

ぱぺまぺのように、資金が少ない人がほとんどだと思うんですよ。

 

経済状況が悪化しても生活資金だけで対応し、投資資金に手をつけない方向で。

 

と、ほったらかし投資の条件についておさらいしたので、今度は先ほどあげた、

  • 個別株
  • ETF
  • 投資信託

のどれがほったらかし投資に向いているか考えます。

ほったらかし投資考・個別株

本当に安心して投資できる銘柄は、それほど多くありません。

それこそ、米国のNYダウ30種、S&P500に採用される大型株に投資するとかですかね。

 

どうしても個別株投資でほったらかし投資にこだわるなら、やはり大型株に限ります。

逆におすすめできないのは、日本株や新興国株です。

新興国株は、政治状況に大きく左右されるし、日本株式はちょっと経済状況が悪化するとすぐに減配したり配当をやめたりします。

じゃあ米国の大型株だったらすべて安心かといえばそうでもなく、例えば、ゼネラル・エレクトリックのような例もあります。

 

自分が持ってる個別株だと、値動き気になりませんか??

気になるでしょ??

 

大型株だからといって、安心してほったらかしできないですよね。

 

なので、個別株投資はそれほどほったらかし「向き」ではないです。

ほっらかし投資考・ETF

ETFは、定期的に買い付け投資できるところもあります。

個別株投資と違い、ETF自体投資するだけでETFに含まれる様々な銘柄にまとめて投資できます。

 

ETFを買った時点で分散投資できています。

 

ただ、ETFはそこそこの資金が必要になってきます。

また、上記の個別株もそうですが、円から外貨に替える手間があります。

 

外貨積立で、ほったらかしで外貨を得ることはできますが。

外貨預金

外貨預金は、資産形成になるか

2019年1月5日

 

個別株よりは、ほったらかし「向き」です。

定期的にETFを買い付けできるだけの資金をお持ちなら、ですが。

 

ほったらかし投資考・投資信託

 

こちらは、個別株やETFに比べると、

  • 最低100円からできる。
  • 「円」から買えるので外貨に替える手間なし
  • 積立投資設定できる
  • ETFのように様々な銘柄に間接的に投資できる

という感じです。

 

投資初心者が、最初に投資しやすい商品です。

 

インデックス投信で値動き気にする必要は全くないです。

強いて気にするならコストです。

 

でも今回はほったかし投資に向いているものの話なので、コストは今回省きます。

 

つみたてNISAなどの非課税制度が充実しているし、投資をよく知らない人でも投資しやすい設計になっています。

 

なんだか投資信託信者みたいな記事になってしまいましたが、実際いきなり投資初心者にほったらかし投資どれがやりやすいかと考えると、投資信託一択です。

慣れたら、個別株やETFをやればいいだけですから。

 

「少額」投資資金別の投資術

 

次は、投資資金別で取り得る投資術です。

あ、多額の投資資金がある人はご自由にどうぞです。

 

毎月余裕資金額3~4万円の投資術

 

取り得る戦略は、

余裕資金3~4万円

  • つみたてNISAで低コスト投信運用
  • 一般NISAで個別株、もしくはETF

 

推奨はつみたてNISAで低コストな投信ですね。

年間40万円なんで、毎月4万円捻出できるなら、枠を埋められます。

 

ちなみにぱぺまぺは2019年からつみたてNISAで投資しています。

2019年つみたてNISA開始と、もろもろ投資方針

2018年12月4日

 

それ以上に余裕があるのならば、個別株投資やETF投資など、他の投資商品と組み合わせて使うのもいいかと。

 

つみたてNISAと一般NISAは併用できないのでそこは注意です。

なので、つみたてNISA選択しての個別株投資となると、個別株投資やETF投資部分は、特定口座での運用になります。

 

特定口座での運用の場合だとETFの買い付け手数料無料の旨味がなくなります。

特定口座での運用となると手数料負けを考慮しなければなりません。

毎月余裕資金額1~2万円の投資術

余裕資金1~2万円

  • つみたてNISAで低コスト投信運用

 

つみたてNISAの年間の枠は埋められないけれど、可能な限りこの制度は利用すべきです。

20年間の非課税期間は投資家にとってはありがたいものです。

 

税金ほどやっかいな存在はありませんから。

 

そして、個別株やETFなどその他の投資には目もくれないほうがよろしいです。

こちらに資金を回すぐらいだったら、全力でつみたてNISAの低コスト投信に手を出したほうがいいです。

毎月余裕資金額1万円以下の投資術

余裕資金1万円以下

  • つみたてNISAで低コスト投信運用
  • ワンタップバイ

 

相変わらずつみたてNISAは推奨です。

ここまでくると通常の個別株やETF投資なんかやっていられません。

 

余裕ありません。

 

でも、それでも個別株に投資したい!

 

と思うなら、ワンタップバイがおすすめです。

 

日本、米国併せて約60銘柄に投資できますよ。

1000円からできるので個別株投資の練習にはいいかと。

 

ただし、NISA口座などの制度はないので、すべて特定口座での運用になってしまいます。

ぱぺまぺは、なんとか余裕があるのでワンタップバイも利用しています。

1000円から投資できるワンタップバイで米国個別株投資!

2018年12月18日

絶対に損をしたくない投資術

1円足りとも損をしたくない。

そんな強固な意志を持つ人は、ポイントで投資ができるサービスを利用するのをおすすめします。

 

絶対に損をしたくない

  • 楽天証券でポイント投資
  • dポイントでdポイント投資

 

楽天が行っている楽天のサービスを利用すると、楽天スーパーポイントが貯まります。

そのスーパーポイントを使って、低コストなインデックス投信に投資するのです。

 

ポイントを使えば、例え評価損になってもそんなに損をした気分にならないのでは?

 

もともとオマケでもらったポイントなので。

それでもしポイントで運用してみて、慣れてきたら実際に資金を投入してみればいいのです。

 

もちろん、心配な人は少額から。

 

つみたてNISAの保有投信とそれ以外の投信について

ぱぺまぺの例を挙げますが、ぱぺまぺは米国メインの投信に投資しています。

 

上記3つをメインとして投資します。

 

ぱぺまぺは、最強覇権国家米国様の成長を信じていますので、米国をメインとする投資を行うことにしています。

S&P500もNYダウも、米国市場の大型株超優良企業で構成されていますので、十分に投資に値します。

 

なお、この3つの中でつみたてNISA対象なのはeMAXIS Slim米国株式(S&P500)のみです。

奨学金等の返済が終われば、投資資金を増額します。

 

米国以外の対象投信

5つです。

この5つのうち、日本債券投信以外はつみたてNISA対象のファンドです。

 

米国以外のリターンもついでに得ておきたいという感じでこれらにも投資しています。

こちらにもある程度の比率で投資資金を回しています。

 

米国に偏った、でもけっして米国一国集中投資ではなく国際分散型のポートフォリオを組んでいます。

 

全世界株式のインデックスファンドを保有しないのは、ただでさえ退屈なインデックス投資がさらに退屈になります。

投資信託

投資信託は暇である。むしろちょうどいい。

2018年10月31日

 

投資先を自分なりに比率を変えて投資したいので複数のインデックスファンドを保有しているのです。

 

 

少額で個別株投資するなら、one tap buy

米国の個別株枠として、ワンタップバイ米国を利用します。

最低1000円から投資できます。

ぱぺまぺは毎月5銘柄ないし、評価額が最も低いものに投資します。

 

少額ながらもらえる配当金は、最低投資金である1000円貯まるまでは口座内で貯めておき、1000円貯まった時点で評価額が最も低い銘柄に投資します。

配当再投資戦略 One Tap Buy編

2018年11月21日

 

しかし投資資金の少なさのために、毎月投資銘柄すべてに投資できないんですよね。

投資効率が悪いので、銘柄を絞っている最中です。

ワンタップバイ米国・銘柄整理

2018年12月29日

 

ワンタップバイ米国だけでなく日本株も併用して、日本の個別株にも1000円からちょっとずつ買い集めるという方法もとれます。

ワンタップバイ日本株はじめました。

2018年12月26日

少額でETF投資するなら

松井証券において、iシェアーズS&P500ETFの東証上場版である1655に毎月2~3株購入します。

1655は新規設定された銘柄のため、まだ基準価額が安いです。

 

2000円前後でS&P500指数に投資できるETFです。

これから10年後20年後、もしかするとこの1655が同じような商品である1557のように価格が25000円以上になるかもしれません。

それを期待しての先行投資です。

1655 S&P500

Black Rock iシェアーズS&P500ETF(1655)は、超お手頃価格で投資できる。

2018年10月20日

 

さらに、日本の高配当株に絞ってまとめて投資できる日経高配当株50(1489)というのも投資検討中です。

1口あたりの株価は、少額投資、という観点からいえばかけ離れていますが。

 

また、欧州へ目を向ける選択もあります。

UBSユーロ圏株50(1385)というのがあります。

国内から欧州にまとめて投資できる数少ないETFです。

4000円程度あれば、1口買うことができます。

 

 

少額でできる投資計画まとめ

というわけで、投資方針・計画を定めてみました。

 

はじめはおおざっぱにでもいいので自分の目的にあわせて定めてみるとよいと思います。

 

読んでくださりありがとうございました。




data-matched-content-ui-type="image_sidebyside" data-matched-content-rows-num="4,3" data-matched-content-columns-num="1,3"

応援クリックよろしくお願いします。