バイアンドホールドと保有銘柄整理術

投資戦略

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

投資をやっていて、あちこちいろんな銘柄に投資しているうちにポートフォリオが銘柄だらけになることあります。

お試しで少額だけ、〇株だけ投資してみて、そのまま、という銘柄も少なからずあるはずです。

 

いちおう、バイアンドホールドを誓って投資しているわけですが、時と場合によってはカンタンにその方針を翻しています。

バイアンドホールドするのもいいんですが、、、投資して失敗したな、と思うことも多々あるわけです。

 

まあ、別にその方針にこだわらなくてもいいじゃない?というのがぱぺまぺの考えです。

結論的には、売りたくなったら売りどき・+になったら売る、という感じで整理するといいです。

 

バイアンドホールドにこだわらず売る時は売る

 

その銘柄を投資しようと思ったときは、バイアンドホールドを誓い、都合が悪くなると売りたくなる。

まあ、別にそれでもOKです。

 

投資家だって人間なので、考えは変わります。

市場がそのときの事情で変化していくので、ポートフォリオだって状況におうじて変えてもいいわけです。

 

ちなみに、ぱぺまぺがバイアンドホールドを誓って投資して、売った銘柄はいくつかあります。

  • みずほ銀行
  • ワンタップバイ米国株(12種ぐらい)
  • 楽天証券の投資信託100円投資×20銘柄

 

ついでにいうと、バイアンドホールド誓って投資して、売りたい銘柄もあります。

  • ブリティッシュ・アメリカン・タバコ

 

東京電力株やいくつかの投資信託、ETFなんかは投資していますが、いまのところ売却する予定はありませんが、いつ売りたくなるかわかりません。

 

ぱぺまぺ的に、売りたくなったら売り時かな、と思っています。

そうでないと、資金が少ない投資家であるぱぺまぺは、どんどん銘柄が増えていってしまいます。

 

資金が少ないので、なるべくなら銘柄はある程度しぼって集中的に資金を投入したほうがベターです。

だからぱぺまぺは、個別株よりもETFや投資信託を好んで投資しているわけです。

 

このように、ぱぺまぺはカンタンにバイアンドホールドを捨てて銘柄を整理するために売却したりしてますね。

 

プラスになったら売る

複数の収入源2

売り時になったら、売る、といっても赤字のときに売ろうと思っても踏ん切りつきません。

 

なので、基本的にはプラスになったら売る、という感じにしていますね。

楽天証券のポートフォリオ

 

楽天証券の100円投資銘柄群でも、最初はプラスになっているものを優先して順次売却していきました。

 

1円でもプラスになればいいかな、というやつですね。

 

ちなみに⬆は2019年8月現在の楽天証券のポートフォリオです。

100円投資の残党ですね。

 

全部マイナスです。

これも楽天全米株式とニッセイのグローバルリートインデックス以外はプラスになったら売却します。

 

こんな感じで、売り時になったら売る、で売れないなら、プラスに転じたら売る、という感じで条件をつけたほうが整理しやすいです。

ひとつのマイ・ルールみたいなもんですね。

 

というわけで、保有銘柄を整理したくなったら、

  • 売り時だと思ったら売る
  • プラスになったら売る
  • バイアンドホールドにこだわるな

 

という感じです

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。