S&P500系投資まとめてみた

S&P500 投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

ぱぺまぺは日中社畜しているしがない社畜会社員です。

同時にインデックス投資家でもあります。

超さっくりですが、ぱぺまぺについては以下のような感じです。

ぱぺまぺについて
・手取り20万円に届かない低年収
→少額でできる投資1年以上継続

・朝早く帰りが遅い社畜の典型
→2018年7月から1日1記事更新、コツコツやって200記事達成

・低年収な社畜✕投資家✕ブロガー

 

ぱぺまぺは米国に偏った国際分散型のポートフォリオを組んでいます。

米国に投資といってもいろいろ種類があるのですが、ぱぺまぺが主にしているのはS&P500指数への投資です。

S&P500は、米国の大型株500銘柄に投資するものです。

 

今回はS&P500への投資商品をまとめてみました。

 

インデックスファンドでS&P500に投資する

S&P500指数自体は有名なのですが、S&P500に低コストで投資できるインデックスファンドは最近までありませんでした。

 

今では⬇のものが代表的なものです。

S&P500

S&P500にほったらかし投資ならeMAXIS Slim米国株式(S&P500)!

2019年1月19日
レバレッジ投信

レバレッジ型投信、iFreeレバレッジS&P500。

2019年3月5日

 

eMAXIS Slimシリーズと同類のものでは、iFree S&P500インデックスがあります。

一応、iFree版のほうが先に登場したんですが。

 

iFreeレバレッジS&P500は、レバレッジを効かせてS&P500に投資する商品です。

高コストですが、投信でS&P500にレバレッジ投資できる商品が他にはありません。

 

ぱぺまぺのように資金があんまりない人でも、S&P500に投資できるeMASIS SlimとiFree版の登場のおかげで投資できるようになったのですからありがたいことです。

 

配当

S&P500指数配当貴族銘柄に投資できるインデックスファンド

2018年11月29日

こちらはS&P500の配当貴族銘柄に投資する投信です。

 

 

ETFでS&P500に投資する

 

ETFで投資できるものだと、

  • VOO:バンガードS&P500ETF
  • IVV : iシェアーズコアS&P500ETF
  • SPY:SPDR S&P500ETF

の3つです。

 

S&P500

米国大型株式ETF、バンガードS&P500ETF(VOO)の買い時はいつ

2019年1月12日

 

ぱぺまぺ自身も投資している銘柄です。

VOO、IVV、SPYの中でも最も新しい商品です。

リーマンショック以後の商品なのが不安ですが、他の2つの現在価格をみれば落ちても復活しますのでだいじょうぶかな、と。

 

また、3つの中で最も安価に買えますよ。

 

IVVは、ブラックロックの旗艦ETFのひとつです。

 

バンガードのものと内容はほとんど変わりません。

だって同じモノに投資しているから。

 

SPYは最も3つの中でも最も歴史が古く、規模も巨大です。

そして3つの中でも最も価格が高いです。

 

⬇は国内モノETFですが、SPYの東証版なので参考までにどうぞ。

1557etf

SPDR S&P500ETF Trust(1557)は、利回り2%の低経費率ETF

2019年2月19日

 

 

今回はちょっと少なめですが、ここまで読んでくださりありがとうございました。




data-matched-content-ui-type="image_sidebyside" data-matched-content-rows-num="4,3" data-matched-content-columns-num="1,3"

応援クリックよろしくお願いします。