S&P500系商品を複数投資している理由

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

ぱぺまぺが投資しているメイン銘柄は、S&P500指数に連動する商品です。

S&P500指数連動型の商品は、米国株投資家の界隈では鉄板銘柄の1つとされています。

 

S&P500指数は、米国の大型株500銘柄の株価指数に連動するもので、マクドナルドやコカ・コーラ、プロクター&ギャンブルなど日本でも聞いたことがあるような銘柄が含まれています。

そんなS&P500系の商品ですが、ぱぺまぺは投資信託とETF両方に投資しています。

 

分散投資を推奨しているのですが、指数はかぶっているものの、投資信託、ETFと商品自体も分散して投資しているのです。

 

指数被り銘柄を分けて投資する

投資信託でS&P500指数に投資できる商品は、以下のものです。

  • SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド
  • eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
  • iFree S&P500インデックス

 

名称こそ違えど、中身はいっしょです。

違いは、コストぐらいですね。

最安はSBI版、次いで、slim、iFreeです。

 

S&P500指数に低コストで投資できる商品はなかったんですが、iFree版が出たのを皮切りに、次々と出ました。

 

ぱぺまぺはその中でもSlim版の投信に投資しています。

コストはSBIのものに遅れをとるものの、ほぼほぼ誤差ぐらいしか違いがないです。

 

ETFは、

  • バンガード・S&P500ETF(VOO)
  • iシェアーズS&P500米国株 (1655)

 

米国ETFと国内ETF2つに投資しています。

国内でS&P500に投資できる商品だと、他に1557が有名です。

 

1557は、一口あたりの価格は3万円ぐらいかかるので、毎月コツコツ買うというのはちょっと厳しいです。

なのでぱぺまぺは後発で登場したものの、一口価格は2000円ぐらいと安い1655に投資しています。

 

少なくとも100口以上保有しています。

ちゃんと分配金でますしね。

ぱぺまぺの中では、配当再投資戦略が実行しやすい銘柄だと考えています。

 

1655が、10年後、20年後ぐらいには今の1557のように基準価格が上がっていることを期待しています。

そのための先行投資といえるでしょう。

 

VOO以外に類似のものだと、IVV、SPYなどがあります。

ぶっちゃけどれもいっしょです。

 

ぱぺまぺは、最も1口あたりの価格が安いVOOに投資しています。

まあ、あんまり変わらないのですが・・・

 

こんな感じで、メイン銘柄を、投資信託、日本ETF、米国ETFとわけています。

 

銘柄が被ってるんだから、1つにして投資すればいいやと思いますが、ぱぺまぺなりに理由がありまして、、、。

 

指数がかぶっている銘柄を分けて投資する理由1:通貨分散

1つには、通貨分散です。

円建て、ドル建てと2つにわけて資産を保有しておきたいという思惑です。

 

  • 円建て → 投資信託、日本ETF
  • ドル建て → 米国ETF

 

ぱぺまぺは、海外で生活する予定は今のところゼロなので、ドル建て資産を持っていても意味はないです。

ですが、ドル建て資産は最終的には円に換えて使えます。

 

ドル建ては、どちらかというとのちのち使う円建て資産の退避場所、という感じです。

 

指数がかぶっている銘柄を分けて投資する理由2:商品の寿命が心配だから

日本の投資信託は、寿命が短いとされています。

平均して7年弱とか・・・。

 

長期投資前提の商品なのに、投資信託の商品自体の方が先に終わってしまってはちょっと投資の意味がありません。

まあ、それは昔の話ですが、今はどうなんですかね・・・?

 

ぱぺまぺが今保有している投資信託は、もしかしたら30年後存続していない可能性があります。

あと30年ぐらい投資していく予定なので、投資信託1本だけでは超心配なんですね。

 

続くかどうかわからないから、念のためにETFも買っておく、という感じです。

 

1557の後発で登場した1655もまた、まだまだマイナーの域です。

これが1557のようにある程度まで育つのにも時間かかります。

 

育つ前にもしかしたら、商品自体が強制償還を迎えて終わるかも・・・。

それが心配だから米国ETFを買っています。

 

メインこそ複数わけて投資するのも一つの方法

カンタンにまとめると、

  • 投資信託1本では寿命が心配なので、1655に投資
  • 1655がマイナーで心配なので、VOOに投資
  • 資産を通貨分散で持っておきたいので、ドル建て、円建て両方に投資

 

という感じです。

 

たぶんぱぺまぺの心配は、杞憂に終わると思います。

まあふつうだったら1つの指数を複数の商品に分けて投資するなんてちょっと変ですが、ぱぺまぺ的にはこれが満足しているのでこういう感じでやっています。

 

仮にメイン銘柄としているのが投資信託1本で、その投資信託が5年後10年後とかにこちらが予期しない理由で終わってしまったら長期投資がムダになってしまいます。

だから複数に分けるべきかなと考えているんですね。

 

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。