S&P500投信の保険のひとつは、NYダウ投信で。

投資信託

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

ぱぺまぺは、S&P500指数の投信やETFをメインにして投資しています。

S&P500投信は、最近登場したばかりなのでそちらを投資していますが、投資信託は複数保有していたほうが安心なので、S&P500の他にもNYダウ投信にも投資しています。

 

NYダウ指数は、S&P500指数の大型株500銘柄に比べて少ない、30銘柄で構成されています。

NYダウ投信のものはiFree版の投信に投資しています。

⬇は過去記事です。

iFree NYダウ・インデックスは米国優良30社の集まり

2019年1月28日

 

iFreeNYダウ・インデックスは、S&P500投信の保険で。

 

超ざっくりとした特徴ですが、

ファンド名iFree NYダウ・インデックス
運用会社大和証券投資信託
ベンチマークダウ・ジョーンズ工業株価平均
信託報酬年0.243%
購入手数料無料
信託財産留保額無料
純資産総額約124億円(2019年10月時点)
銘柄数30
償還日無期限

 

純資産総額は過去記事と比べて

  • 2018年11月:約87億円 → 2019年10月約124億円

 

と増加しました。

ファンドの資産額が増えるのはいいことです。

 

参考までに、過去記事掲載時が⬆で、

今回のが⬇です。

 

 

 

 

構成銘柄も多少変化はしていますが、まあ大きくは変わりません。

 

以下はNYダウ30種の構成銘柄です。

No.シンボル銘柄セクター備考
1AAPLアップル情報技術
2AXPアメリカン エキスプレス金融
3BAボーイング資本財
4CATキャタピラー資本財
5CSCOシスコシステムズ情報技術
6CVXシェブロンエネルギー
7DISウォルトディズニー一般消費財
8DOWダウ素材
9GSゴールドマンサックスグループ金融
10HDホームデポ一般消費財
11IBMIBM情報技術
12INTCインテル情報技術
13JNJジョンソンエンドジョンソンヘルスケア
14JPMJPモルガンチェース金融
15KOコカ・コーラ生活必需品
16MCDマクドナルド一般消費財
17MMMスリーエム資本財
18MRKメルクヘルスケア
19MSFTマイクロソフト情報技術
20NKEナイキ一般消費財
21PFEファイザーヘルスケア
22PGプロクター&ギャンブル生活必需品
23TRVトラベラーズカンパニー金融
24UNHユナイテッドヘルスグループ資本財
25UTXユナイテッドテクノロジーズ資本財
26Vビザ情報技術
27VZベライゾンコミュニケーションズ通信
28WBAウォルグリーン・ブーツ・アライアンス生活必需品
29WMTウォルマートストアーズ生活必需品
30XOMエクソンモービルエネルギー

 

過去記事掲載時とくらべると、

  • ダウ・デュポン → ダウ

 

と構成銘柄に変更がありました。

 

なお、NYダウ30種は不定期に入れ替わります。

〇 2018年

  • in  → ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス
  • out  → ゼネラル・エレクトリック

 

〇 2015年

  • in     → アップル
  • out → AT&T

 

〇 2013年

  • in   → ゴールドマンサックス、ビザ、ナイキ
  • out → アルコア、パンク・オブ・アメリカ、ヒューレットパッカード

 

セクター別にみると以下のようになります。

 

過去記事掲載時が⬇

 

現在は、

ダウ30構成2019年10月

iFreeNYダウ月間レポート

 

電器通信サービスが廃止されてコミュニケーションサービスセクターがあります。

細かい変化はありますが、、、。

 

NYダウへの投資は、投信で十分。

 

テレビの経済ニュースでもよく掲載される単語なので、S&P500よりは馴染みが深いと思います。

こちらの指数は構成銘柄が少ない割に定期的に銘柄を入れ替えてくるので、ちょっとアクティブファンドっぽいです。

 

⬆でもいいましたように、投資信託は複数保有しておきたいので、さらにS&P500投信の代用としてこちらの指数に期待して投資していたりします。

 

ぱぺまぺの資金力的にダウは投信でとりあえずいいかなと。

 

もしもこちらの投信ではなく、ETFを使うのならば

  • DIA

SPDRダウ工業株平均ETF(DIA)は、毎月分配型ETF

2019年3月24日

 

こちらのETFになります。

 

S&P500ETFは年に4回分配金がありますが、NYダウETFの場合は毎月もらえます。

 

なお、投信のほうはどちらも分配金は出ずに、ファンドの中で再投資されます。

ぱぺまぺ的にはこちらの方がいいかなと。

 

S&P500は数が多すぎるし、上位銘柄が構成の半分を占めてたりとか、下位の見えない銘柄もあります。

 

NYダウの場合は構成数が30と少ないので一つ一つの銘柄も目が届きやすいです。

割と有名な企業ばかりですしね。

 

この投信の残念なところはつみたてNISA対象ではないということですね。

 

近い将来もっと低コストなnyダウ指数に投資できる投信が出てくるかもしれませんが、現状はこれが最安クラスです。

 

なお、ぱぺまぺはS&P500指数とNYダウ指数どちらが優れているか、という議論はいたしません。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました




応援クリックよろしくお願いします。