S&P500をメインで投資している理由

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

ぱぺまぺはS&P500指数をメインにして投資にしています。

  • 1655
  • eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
  • VOO

 

投資信託版、米国ETF、東証上場版ETF。

それぞれ違いはあるとはいえ、S&P500指数を対象にしていることは共通しています。

 

いまさらですが、ぱぺまぺがそれらに投資している理由ですが、

  • 米国の大型株500銘柄に分散投資できる
  • みんなが買っているから
  • ウォーレンバフェット氏推しだから

 

ということですね。

 

S&P500は鉄板銘柄の1つだし、無難です。

 

過去からのチャートをみても、S&P500は基本的に右肩上がりということもあるので、⬆の理由のほかにもそれも付け加えますね。

経済や投資については素人であってもとりあえずS&P500に投資しておけばだいじょうぶじゃね?という安心感がある感じです。

 

現にぱぺまぺは、S&P500というのは投資をする前はよくわからなかったです。

でもなんかネットで有名な投資家さんみんな買っているし、とか米国の超有名な投資家さんもなんか推してるし、、、

 

とか、そんな理由で最初は投資をしたような気がします。

結果的にはそれは正解だったのかな、と。

 

他の指数とよく比較されるS&P500

 

これが他の指数であった場合S&P500指数に勝てるとか勝てないとか、そういう比較の話もあったりします。

比較対象にされるぐらいの指数ですから、やっぱりS&P500に投資しておくのが無難っちゃ無難なんですよね。

 

大儲けできたらそれはそれで越したことはないんですが、基本的に負けない・負けにくい投資をすればいいだけなので、この指数だったらそれが叶えられるかなと。

 

米国の株とはいえ、企業自体は世界中に展開しているわけですから、実質国際分散投資といっても過言ではないかもしれません。

この辺を全米株式と比べるとどうなのか、というのもありますが。。。

 

NYダウ30種よりも幅広く分散投資でき、全米株式よりも集中投資している、そんな塩梅の感じが好きですね。

 

米国株式はリターンがいいので、ある程度集中的に運用した方がいいのかもしれないとも考えています。

なので、全米株式では分散投資しすぎるのかな?というのもあるし、ダウ銘柄が少なすぎる、ということでちょうどいいんですよね、ぱぺまぺ的には。

 

セクター的に何かが足りないとか、偏ってるな、というのであれば、別の指数のETFやセクター系ETFを投資していけばいいだけなので。

 

と、まあこんな感じでみんな買っているとかバフェット氏が推しているからだとか、確固たる理由がぱぺまぺの中にあるわけでもないんですが、それでも投資をしていますね。

とはいえ、理由はそれほど重要ではなくて投資の世界から撤退しないことの方がはるかに重要なのです。

 

ぶっちゃけ理由は後からついてくるというか後付けでもいいというか。

あれこれ理由は⬆であげましたが、結局の所、無難だから、というのが一番の理由です。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。