ギャンブルよりも投資に金使う

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

ぱぺまぺは、ギャンブルをやりません。

ギャンブルに金を注ぎ込むくらいなら、投資信託やETF買ったほうがいいと考えています。

 

それは、

  • 投資で資産を増やせる
  • やり方もわかる

 

からです。

 

現実的な体感で、ぱぺまぺの周りではお金がない人に限ってギャンブルにハマる傾向があります。

お金がないからギャンブルにハマるのか、ギャンブルにハマってるからお金がないのかはよく分かりませんが。

 

 

 

お金がない人に限ってギャンブルがよく好きだなという感じです。

 

ギャンブルで負けてマイナスになるのは許容できるけど、なぜか投資となるとそうはいかない、みたいな。

やり方がわからないというのもあるでしょうが、運に左右されるようなギャンブルで賭ける、というのが好きではないのでぱぺまぺはギャンブルはやりません。

 

 

*いくつかの過去記事を統合・追記しました。

 

ギャンブルに使うはずだったお金を投資に使う

 

ギャンブルに使ったと思って、投資してもらいたいところです。

 

ギャンブルが好きな人は、

  • 短期間で大きく儲けられる
  • 運がよければ少額で大金を手に入れられる

 

というのがあるように感じます。

 

ギャンブルは、結局勝つか負けるかしかありません。

ギャンブルで負けたお金をもう一度ギャンブルで取り返そうとするのはなかなか容易じゃないです。

時間も浪費します。

 

もちろん損するそれは投資も同じことなんですが、投資の場合は、例えば評価損になったとしても、時間が経てば回復したりすることもあります。

そのまま落ちるパターンもなくはないですが、多くは元に戻るか少し上に行きます。

 

まあそれまでに待ちきれなくて売ってしまう人も多々いますがね。

現実的に、ギャンブルで勝ち続けるのは厳しい

ぱぺまぺがギャンブルをやらない理由のひとつに、パチンコや競馬などのギャンブルで大金持ちになるのは相当ムリがあると感じているからです。

 

もちろん、ぱぺまぺの今の収入状況で投資をやっても、大金持ちになるのは厳しいです。

小金持ちにはなれるかもしれませんが。

少額投資で小金持ちになる

2019年9月18日

 

運に任せなくても、投資であれば資産形成できるというのが投資のいいところだと思います。

投資元本の額の多さや投資する銘柄、地域にも左右されますが、ある程度スクリーニングできます。

 

ギャンブルは、運の要素が強すぎます。

 

ギャンブルは、営業時間絡みで強制的に損益確定する

 

ギャンブルの場合は、パチンコを例に出しますと、店の営業時間が限られていますので、お店が閉まる時間までに勝ってしまわないとなりません。

営業時間終わるまでに損で終わってしまえば、損で確定してしまうわけですね。

 

対して投資の場合は、売らない限りはとりあえず損は確定しません。

プラスになるまで1年も5年も保有可能です。

 

 

さらにギャンブルの場合は、お店に行かないとできません。

投資の場合は、自宅にいながらネットでパソコン開いて証券口座を開いてできます。

 

だから仕事が終わってから、疲れた体でギャンブルしにパチンコ店に行くようなことはしなくても、投資は家に帰ってベッドで横になりながら投資ができるわけです。

勝つか負けるかわからない、負ける可能性の方が高いギャンブル

 

せっかく貴重な時間を使ってお店に出向いたのに、負けたら時間もお金もロスです。

最悪です。

 

だからそもそもギャンブルやるお店には近づかないようにしています。

というよりもギャンブルをするお金がないからなんですけどね。

  • ギャンブルするお金がない
  • 運がない
  • センスもない

 

そんなぱぺまぺでも資産を築くことができるのが投資です。

 

優良な投資信託、低コストな投資信託、ETFでもいいのですが、とにかくそういう商品に20年も30年も投資し続けていけばそれなりの資産を築くことができると考えています。

ギャンブルして勝つか負けるかわからないことにかけるより、そっちの方がぱぺまぺ的には非常に精神的に楽です。

 

数万円程度ギャンブルにつぎ込んでいる人は、騙されたと思ってその内の半分でもいいから投資に使ってみてほしいですね。

 

ただ投資の悪いところはすぐに結果が出ないということです。

ギャンブルは短期的にすぐに結果が出ますが投資はそうではありません。

それこそ5年、10年のスパンで見ないと。

 

 

「運」に頼らなくても無難にお金を増やせるのが投資

 

 

運に任せなくてもお金を増やせる、というのが投資です。

運があんまりないぱぺまぺでも、適切な投資商品を選べば、運が悪い人だって資産形成できるはずです。

ぱぺまぺはそれを信じてやっています。

 

ギャンブルは一時的にお金を増やせますし、ストレス発散にもなるでしょう。

勝てば嬉しいですね。

 

ギャンブルにハマってしまう人の中には、もしかしたら昔ギャンブルで大勝ちした経験があり、その時のことを夢見て、未だに忘れられなくてギャンブルをやっているという人もいるかもしれませんね。

 

投資はたしかに一時的にマイナスになったりしますが、市場が右肩上がりで成長していくことが前提であれば長期的にはプラスです。

 

ギャンブルは永遠に勝ち続けられるわけでもありませんしね。

ある程度の知識とか銘柄の選定は必要かもしれませんが。

もっとも、今日・明日遊ぶお金が欲しいというのであれば、ギャンブルをやればいいです。

 

投資はギャンブルでないと思う理由

 

ぱぺまぺはギャンブルと投資は別ものである、と考えます。

自分のお金をどこかに預けて、お金を増やしたり減らしたり、という点は共通していますが。

 

ギャンブルは、一発当てれば、大もうけ出来る可能性がありますね。

その反面、負ければゼロです。

 

ギャンブルは運要素がたいぶ絡んでいるし、研究していても運要素で負ける場合もあります。

あとは胴元が勝つようにできている、というのがいただけませんね。。。

 

短時間で金持ちになる可能性は、ギャンブルのほうが分があるかもですね。

勝てれば、の話ですが。

 

一方で投資は、そこまで投資のことを研究しなくとも、

  • 分散積立投資
  • 先進国株式or米国株式
  • 配当再投資

 

これらを淡々と実践すれば自然と資産を増やすことができます。

一時的にマイナスになったり、資産が半分になるときがあるかもしれませんが、そこは慌てず。

 

狼狽売りとかしなければだいじょうぶです。

基本的に右肩上がり(という前提)なので待っていれば半分に減った資産は回復します。

 

むしろ、マイナスになった時期に追加投資すれば、回復したときにさらに大きく資産を伸ばすことができます。

その点、ギャンブルに比べると金持ちになるには時間がかかりますが。

 

損失を負っても(倒産しないかぎり)ゼロにならない

 

ギャンブルは賭けに負けたら損失ですが、勝たないと取り戻しができません。

最悪ゼロです。

借金してまで賭け事につぎ込んだら、それで負けでもしたら最悪です。

 

借金してまで投資することはないですが、ギャンブル銘柄は一定の需要があります。

米国株だとカジノ系銘柄ですかね。

 

一時的な暴落や損失は当然投資もありますが、長期保有観点でみればいずれ株価が戻る可能性がありますし、うまくやれば投資した額以上の儲けがでるかも?しれません。

 

配当金再投資で資産形成する

 

投資はギャンブルではなく、資産形成目的でぱぺまぺはやっているつもりです。

大概の人は、ギャンブルで儲けたら、それでうまいもの食ったり飲んだり、遊んで終わりです。

もしくは、儲けた金額でまたギャンブルにつぎ込む(ぱぺまぺの周囲にいる人たち)

 

株式に投資すれば、配当金でますので、それを再投資します。

それをひたすらバカみたいに続ければ、2~30年後に資産になります。

 

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。