みんなかってる定番商品かいましょう

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

みんな買ってる定番の商品を買いましょう。

投資信託もETFもそれ以外の商品も色々あるんですけど、 結局何に投資したらいいかっていうと、みんな買ってる定番のものを買うのが一番無難です。

 

リスクのない投資はなく、無難な投資をするのが一番

 

  • 自分は他の人と違うから、こういう銘柄に投資したい。
  • 自分だけが知っているような銘柄に投資したい

 

とかそういうのもでもいいんですがね。

 

投資でそれなりのリターンを得たいなら、それなりのリスクを背負わないとダメです。

 

無リスクで大きなリターンを得るのは幻想です。

投資をやらない人って、投資でお金を失う、もしくは借金を背負うとかでリスクを取りたくないから投資しない人もわりといます。

 

ぱぺまぺの周りでは投資をやっていない人だらけですが、中には⬆の理由でやらない人もいるんですね。

でもギャンブルはやるという・・・。(あいかわらず意味がよくわからないのですが)

 

リスクのない投資は、ありません

 

どんなに低リスクでもリスクはあります

 

投資の世界においてリスクは、リターンの変動幅の大小のことです。

投資をよくしらない人たちには、リスク=危険=損失!みたいな感じになってますね。

 

つまりマイナスの方向にしか考えていないわけです。

投資の世界のリスクは、逆に大きくプラスになる可能性もあるのですが。

 

投資に迷っている人は恐らくそもそも資金がないやりかたが分からないとかなんですが、

  • 資金はあるけど損をするのが怖くてできない
  • 投資に興味あるけど目先の金がほしい

 

こういう人たちも一定数いるんですね。

 

前者は投資=ギャンブル!というイメージを持っています。

後者は今金が欲しい、もしくは明日遊ぶ金が欲しい、という人たちです。

 

リスクのない投資の代表例:債券投資とポイント投資

 

代表例として債券投資とポイント投資をあげてみました。

じゃあこの2つはリスクはどういったものがあるのか、

一見なさそうなんですが、あります。

 

債券はほぼ元本保証型の投資法で、満期になれば金利分が+になって元本とともに戻ってきます。

 

債券投資については⬇の記事でも書いています。

日本債券

アセットの特徴・日本債券編

2019年3月1日

 

超ざっくりというと、

  • 金利変動リスク
  • 信用リスク
  • 為替変動リスク
  • 途中償還リスク

 

というリスクが債券投資にはあります。

 

ポイント投資はどうか。

ポイント投資の場合は、運営元のサービス改変とかサービスの終了、というのがありますね。

 

良い方向でのサービス改変ならいいのですが、往々にして改悪されます、こういうのは。

ポイント投資で長期投資はちょっと不向きなんですよね、そういう意味では。

 

こっちは長期投資のつもりでポイント投資をやっていても、ある日突然運営元が〇月〇日にこのポイント運用サービスを終了します、なんてやられたら長期投資はできません。

 

楽天ポイント投資もルール改変が行われたこともあります。

楽天 投資信託

楽天銀行×楽天証券ルール改悪で100円投資撤退します。

2019年6月19日

 

よくわからないものに投資しない

 

少額投資

 

ぱぺまぺは、ETF投資や投資信託、ポイント投資なんかも色々やっていますが、基本的には分からないものには投資しないようにしています。

それだけでもリスクを下げることはできます。

 

よくわからないものが何を指しているかですが、ここでは個別銘柄だったり投資手法についてです。

というか、ぱぺまぺがわかっていないだけなんですが。

ぱぺまぺはよくわからないものについて投資したくないし、それで失敗するのも嫌です。

 

例えば何の商品を売っている企業だとか何の会社だったのか、そういう基本的なことも指します。

 

過去の業績がどうたらとかそういうのもですね。

ぱぺまぺの場合は、食わず嫌いならぬ調べ嫌いなので、個別株投資についてはほとんど分析的なものはしないです。

 

そういうのをする時間があまりないので、投資信託やらETFでまとめて投資しちゃえ、という感じでやっています。

よくわからなくても、ETFや投資信託はよっぽど変わったものに投資しなければだいじょうぶです。

 

個別株投資は、なるべく超有名企業に投資する

個別銘柄も、聞いたことがないような企業ではなく、だれでも聞いたことあるような超有名企業に限りますね。

ぱぺまぺ自身、過去に個別株を投資していたこともありますが、超有名な企業ばかりです。

ワンタップバイ、完全撤退しました。

2019年7月14日

 

過去に投資した個別株は、コカコーラやマクドナルドなど超有名な企業ばかりです。

今現在は全て売却しまいましたがね。

世界的にも、そして日常でも目にするぐらいの超有名な企業であれば投資するに値するでしょう。

 

よくわからない投資手法は、そもそも利用しない

よくわからないものについては、投資手法も当てはまります。

 

ぱぺまぺの場合は、例えばFXや信用取引とかですね。

勉強するするといいながら、結局していません。

(たぶんこの先も勉強しない可能性高いです)

 

FXにしろ、信用取引にしろ、ひとつの資産形成手段としては有効でしょう。

ですが、不勉強なところもありますが、どうしても躊躇してしまうんですよね、、、。

 

Twitterとかみると、FXで爆損したとかの話もよく聞くし。

もちろん、その逆もありますが、、、。

 

変に知識を身につけるとやりたくなってしまうので、あえて勉強しないという感じでFXを避けています。

 

 

投資信託、ETF、ポイント投資、無難なものからはじめよう

 

というわけで、投資をこれからやる人やまだ始めたばかりの人は、最初は無難なものから始めるのに限ります。

投資にはいろいろありますが、最初のうちはどんなものに投資すればいいかわからないものです。

  • 投資信託
  • ポイント投資(投資の疑似体験をするという意味においては有用)
  • ETF投資

 

最初は⬆の3つからはじめていけばいいです。

 

ポイント投資の例と基本的なこと

ポイント投資は今色々あります。

ポイント投資の例

  • Tポイント投資
  • 楽天スーパーポイント投資
  • 楽天ポイント運用
  • dポイント投資
  • ポンタポイント投資

 

一例なので他にもありますが、手を出しやすいのは⬆あたりのやつかなと。

ちなみにぱぺまぺは、楽天ポイントの投資とTポイント投資を行っています。

 

ポイント投資を行ううえでぱぺまぺがやっている基本的なことですが、

  • 投資のためにポイント集める、そのための消費をしないということ

ですかね。

 

ポイントのために買い物をしないのと似たようなものです。

あくまでも自然に貯まったポイントで投資していく感じですね。

 

投資信託から投資に入るのがいちばん無難かも

ポイント投資ではなく投資信託から入るのもOKです。

投資信託は色々な個別株銘柄をパッケージ化されたもの、と考えればいいでしょう。

もっと分かりやすくいえばコンビニ弁当のようなものですね。

 

おかずの一品一品が個別株で、それが集まってお弁当のようにパッケージ化された商品が投資信託です。

 

ぱぺまぺたち投資家が、このお弁当を買うという感じですね。

そのお弁当は、商品によっては中のおかずが違ったりします。

 

それは100円から買えるし、資金が少ない投資家でも気軽に投資できます。

しかも積立投資の設定もできますので、お手軽です。

今はつみたてNISAやiDeCoや一般NISAなどいろいろ選択肢があります。

 

つみたてNISAでも十分に資産形成は出来ると思います。

ちなみにiDeCoは制約が色々あって、ぱぺまぺはあまりお勧めはしません。

自分がiDeCoをやるための条件

2020年6月8日

 

これから先20年、30年と投資していく過程で心を穏やかに投資を続けていくには、個別株ではなく投資信託やETFの方が安心だと思ったからです。

投資信託やETFは商品それ自体が既に分散化されているので、個別株投資よりも心理的に安心感が出るんですよね。

 

ETF投資からはじめるのもOK

配当金

 

投資信託でなければETFでもOKです。

ETFだと円建てのものと外貨建てのものがあります。

 

円建てでもいいんですが、外貨建てもおすすめします。

というのも外貨資産を持つことそれ自体が分散になるので。

例えば投資信託を買ったらETFは外貨建てに投資するとか。

 

それでも十分分散投資になります。

 

ぱぺまぺの例でいえば、投資信託はつみたてNISAで買っていますが、それ以外にも外貨建てでは、

  • VOO
  • VGK

に投資しています。

むろん、円建てでもETFは買っていますがね。(分散投資的な意味で)

 

 

資金が少ないなら、定番で無難で堅実にコツコツ投資するのが近道

 

資産運用を加速させるような商品はないかもしれませんが、定番の商品ということはそれだけ多くの人が買っているわけです。

投資の世界でよく名前が出てくるのが、やっぱりS&P500ETFや高配当型のETF。

 

S&P500と双璧を出して人気なのは米国株式市場全体に投資するVTIか、もしくは世界株式全てに投資するVTもいいかもしれません。

みんな買ってる定番で人気な商品です。

投資信託であればslim投信やSBIの米国株式投信なんかもそうですね。

 

そんなに奇をてらったことはしないで、 定番となる商品をおとなしく買っておけという感じです。

定番の商品で組んでおけば、めちゃくちゃ株価が暴落したとしても定番商品だから時間が経てば回復するでしょうみたいな感じなところがあります笑

 

定番商品だからそこは安心感というのがあるんでしょうね、多分。

やっぱり長くても安心して投資できるのが定番商品です。

 

というわけで基本的には定番商品でポートフォリオ構成しましょう。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。