暴落しても投資したい銘柄こそ投資する

含み損辛い 投資戦略

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

コロナショックによる影響で、めちゃめちゃ株価が暴落したりあがったり、乱高下が続いています。

これがいつ収束するかはわかりませんが、ぱぺまぺたち投資家はいつもどおり投資をするだけです。

残念ながらコロナショックで投資から退場してしまった人もいます。

 

これから投資を始める、もしくは投資を考えている人も、今回のような相場のときでも「投資したい」と思える銘柄こそ投資すべきです。

 

その銘柄こそ、あなたにとっての長期投資に値する銘柄になります。

 

長期投資するなら、暴落も視野にいれた投資をするべき

 

普段から積立投資をしているのも、株価が下がろうがあがろうが関係なく、淡々と投資できるからです。

それが積立投資の良い所だと思ってやってます。

 

調子がいい時は威勢よく、「株価が下がったらめちゃめちゃ大安売りバーゲンセールだからめっちゃ買う笑」と言っていた人も実際その時が来ると何もできなかったり、意外とそういう人もいるんですよね。

 

株価が上がろうが下がろうが関係なく普段通り投資できていない、という感じ。

長期投資を目的としているならば、5年、10年もしくはもっと長い間投資するはずです。

 

ということはこれから先、今回のようなことは何回も起きるはずです。

株価が上がった時は投資するけど、株価が下がったりめちゃくちゃ大暴落してる時は投資できない、なんていう状況は避けたいです。

 

そんな時でも普段通り投資しないとね。

 

保有している銘柄、半値になっても投資できるか

 

相場に紛らわされず普段通り積立投資です。

暴落したら投資しない、ではなく追加投資するくらいの勢い。

 

そして長期投資ならコロナショックのようなことがこれから先何回も起きるはずですから、保有している銘柄がぶっちゃけ株価が半分になる可能性だって十分にあり得ます。

半分になっても投資できる銘柄だといいんですけど。

そうでない銘柄だったらどうしますかね?

 

 

半分になっても投資したいと思える銘柄こそ、それこそ相場に紛らわされず株価が上がろうが下がろうが投資できる銘柄が、長期投資に値する銘柄だと考えます。

その人にとっての。

 

ぱぺまぺはコロナショックで保有銘柄のうち、それがはっきり分かれたんですよね。

つみたてNISAの投資信託はしょうがないにしても。

 

でもそれ以外の銘柄、例えばVOOETFや1655ETFなどぱぺまぺが普段からメインとして投資している銘柄はやはり追加投資したいなと思ったし、実際に追加投資もしてました。

 

しかしそうでない、いくつかの銘柄は追加投資もせずそのままというのはいくつかあります。

資金不足で投資しないというわけではなくて、本当に大丈夫なのかなという不安でできなかったり。

 

自分の中でいくつかの銘柄は、長期投資できる銘柄じゃなかったんだなというのがわかったんですよね。

それだけでも十分大きな収穫です。

 

自分の中では長期投資のつもりでやっていたのかもしれないですが、株価がやすくなっているはずなのに追加投資をする気が起きない。

コロナショックのおかげか知りませんが、そういう銘柄とそうでない銘柄のふるい分けをすることができました。

 

これはぱぺまぺの場合ですけど、こんな感じで株価が驚嘆な話半分になっても投資したいと思える銘柄に、これから重点的に投資していこうかなと。

 

これから投資を始める人や投資を始めたばかりの人は、そういう銘柄に投資した方がいいです。

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。