無配当でも優待廃止でも投資できるか

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

ぱぺまぺは、前に下のような記事を書きました。

半値になっても買いたいと思える銘柄の条件

 

株価が半値になっても買いたいと思える銘柄こそ、その人にとっての長期投資に値する銘柄だと考えています。

長期投資したいと思える銘柄って、どうしてそれを買いたいと思うんですかね?

 

例えば優待があるとか高配当だからとか色々理由があるでしょう。

ではもし無配当になったり優待廃止になってもその銘柄に続けて投資できますか?

 

無配当、優待廃止になつても投資できるか

 

高配当銘柄で、高い利回りで配当金が期待できるから投資していたのに、無配当になっても投資ができるか。

いつも使っているお店の株主優待が手に入るから買っていたのに、その優待が廃止になっても投資できるかと。

 

たぶんそういうのを期待して投資していた人もいるでしょうし、単純にその銘柄が好きだから、この企業を応援したいから、という気持ちがあって投資している人もいるでしょう。

 

ぱぺまぺの場合は個別株投資をやっていないので偉そうなことはいえないんですけど。

ぱぺまぺは個別株投資をやらない代わりにインデックス投資に力を注いでいます。

 

特定の企業が好きとか嫌いとかそういうのはないし、 配当金目的で投資しているわけでもなく、 優待を期待しているわけでもなく。

30年後に自分が儲かってればいいやという軽い感じのスタンスで投資しています。

 

優待も配当も最初からないほうが諦めがつく。

 

ちなみに、ぱぺまぺがメインで投資しているS&P500系の商品ばかりです。

 

そちらはインデックス投資になるので、高い配当を期待できるわけでもなく、むしろ優待もありません。

少なくとも買って損はないかなという風にやっています。

 

配当金や優待に期待して投資していた人達は、それらの銘柄が優待も配当もなくなってしまったとしても、投資を辞めるその時まで投資できますか?

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。