奨学金は、よく考えて借りよう

資産運用話

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

奨学金がまもなく返済終わるんですけど、今更ですが、奨学金は自分の場合借りなきゃよかったなと思っています。

 

奨学金返済に使ったお金を投資に使えてればなあと今更ながらつくづく思います。

過去のぱぺまぺに言いたいのは、

  • 奨学金は借金であるという意識を強く持て
  • 借りるならよく考えて。

ですかね。

 

奨学金はよく考えて借りよう。

 

奨学金で進学して何か大きな目標があったり、何者かになりたいというのであれば、奨学金も活きるというものです。

過去のぱぺまぺにいいたいのは、奨学金はそもそも借金であると。

そしていずれ返さなくちゃならないという意識をもっと持てといいたいです。

 

借りた当時は、奨学金=借金っていうイメージはほとんどなかったですね。

まあちゃんと説明を受けているのでそんなに重要視していなかった当時のぱぺまぺが悪いんですけど。

 

280万の奨学金ですが、これを多いと見るか少ないと見るかは人によっては違いがあると思います。

ぱぺまぺにとってはこの金額を返すのはなかなか容易ではなかったです。

 

月々14000円弱返済に回していました。

 

ぱぺまぺの収入は月に働いても20万に届かないくらいの収入しかない状況です。

その状況で、奨学金返済金としてとられているわけですからなかなか厳しい・・・。

 

それとは別で投資もやっているわけですからその辺は自分に褒めたいですけどね笑

奨学金と投資は何の関連性もないんですけど、 奨学金で使ったお金を投資に使えてればなという思いはありますね。

 

 

彼女うんぬんは関係ないですが、いろいろやらなかったこともあっての返済金が生まれたのもありますね!

苦しい現状があったから、投資を始めたことは否定しない

 

奨学金を使っていなかったら投資をやっていたかというとそれはちょっと微妙なんですよね。

 

苦しい状況でこれをなんとか改善したいという思いから投資を始めた部分もありますので。

 

奨学金を使っていなかったら、もしかしたら投資のことは考えていなかったかもしれないです。

 

就職に失敗して返済計画が狂った

 

働きだしたら返す、という感じですすめていますから時がきたら支払いは仕方ないとしても、ぱぺまぺの場合はちょっと就職に失敗したところがあります。

まあ今も成功してるとは言い難いんですけど笑

 

奨学金を借りる時点ではちゃんと就職もしてて・・・という予測のもとで借りましたね。

そのころにはいくらなんでもちゃんと働いているだろうみたいな。

 

未来は予測できないから希望的観測のもとで推測したのは誤りでした笑

 

奨学金自体がムダとは思いたくない

 

全てが、奨学金を借りたことそれ自体全てがムダだったというつもりはありませんが、もうすぐ払い終わるからこそいえるのは、やっぱり奨学金は安易に借りるべきではなかったです。

 

ぱぺまぺが大学を卒業したのに何者にもなれなかったし、奨学金を使って有効活用できなかったぱぺまぺが一番悪いということです。

 

これから奨学金を借りようとしている人は、奨学金はいずれ返さなければならないという意識をしっかり持って借りるべきです。

給付型の奨学金だったらいいんですけどね。

貸与型奨学金の場合は、しっかり返さなくちゃならないという意識をもって借りるべきです。

余ったお金でいろいろできます。

いろいろといっても、約15000円の余剰資金が生まれるだけなので、

いろいろといっても約15000円余剰資金が生まれるだけなので、

 

  • 自己投資、知識、スキルにお金を使う
  • 貯金する
  • 投資増額する

 

余剰資金が生まれたからパーッと使うわけではなく、有効的に活用していきます。

 

これから借りる人は、よく考えて借りましょう。

そして今現在払っている人はがんばってください!

 

必ず終わりますから。

 

 

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。