少額投資だけで配当金・分配金増えるのは時間がかかる

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

ぱぺまぺは、個別株は投資せず保有だけしているものと、現在投資しているETFのモノだけ分配金・配当金がでます。

 

ぶっちゃけ少額投資だと株数・口数の積み上げに時間がかかります。

もらえる配当金・分配金は必然的に少ないものになります。

徐々に徐々に増えてはいきますがね。

 

じゃあ少額投資意味がないのか、とそういう話ではなくて、時間がかかるなら、

  • 配当金・分配金を目的とした投資はしない
  • 投資額を増やす
  • 投資する銘柄を減らす

 

この方策をとるしかなさそうです。

 

お金増えるのに時間かかるなら、投資額を増やす

ぱぺまぺの例ですが、月に数万程度の投資はしています。

半分ぐらいは投資信託に割り当てています。

 

いくらかをETFに投資してはいますが、少ないとはいえ分配金・配当金はもらえます。

 

 

1655分配金

保有銘柄:1655の分配金

 

1489分配金

保有銘柄:1489の分配金

 

voo分配金

保有銘柄:VOOの分配金

 

保有銘柄:VGKの分配金

 

 

bti配当金

保有銘柄:BTIの配当金

 

 

1口、もしくは1株あたりの分配金と配当金です。

仮に毎月1口や1株ずつ買っていてももらえる金額はごくごくわずかです。

 

これを2~30年かけて徐々に増やしていくわけですね。

ただ、少額投資だとこの金額がなかなか増えません。

 

じゃあどうすればいいか、というと

  • 配当金・分配金を目的とした投資はしない
  • 投資額を増やす
  • 投資する銘柄を減らす

の策がよろしいかと。

 

投資資金が少ないなりの投資戦略

ぱぺまぺがホントはやりたいのに複数の個別株投資をしないのは、銘柄を分散させすぎると1つあたりの投資額が分散されて少なくなってしまうからです。

ただの資金力不足です・・・泣

 

例えば投資資金が月に5万円しかないのに、個別株を5つもっていると、単純に1つの個別株あたり1万円しか注力できません。

これを1つの銘柄に絞れば、1つに5万円まるっと資金を投入できるわけです。

 

しかし銘柄を絞ると、個別株を単体でもつのはリスクが高いです。

となると結局、分散投資という観点からみても個別株ではなくETFのほうが資金余力的にはいいのかなと。

 

ETFは高配当個別株に比べれば配当少ないかもですが、ETFそれ自体様々な個別株銘柄の集合体のような商品なので、さっきの例でいえば同じ5万円でも複数の銘柄にまとめて投資できるわけです。

むしろ個別株よりは安全性が高いというわけです。

 

ただETFだと高配当個別株に比べもらえる分配金や配当金は少なりますね。

そもそも配当金・分配金目的で投資しなければそれはさほど大きな問題ではありません。

どうせもらっても配当課税されてしまうので・・・。

 

とりあえず少なくてもいいから配当金はもらいつつコツコツ株数・口数も増やしつつやっていくのが最適です。

 

どこかの誰かが配当金いくらもらったとかいくら入ったとかはまったく1mmも気にする必要なくって、自分の中で淡々と投資をやっていくのです。

 

投資資金が少ないならば、それで不満ならば諦めて現状維持か増やすしかないです。

給料が上がるならばあがったぶんをそのまま投資に回せばいいし、ボーナスがもらえるならそのボーナスを投資に回してもいいです。

 

もし両方望めないならば副業するしかないです。

ぱぺまぺは社畜してますが、ひと月まるっと働いても手取り20万いきません。

投資資金はおおくは望めません。

 

なのでぱぺまぺはブログをやって、少ないですが副収入を得ています。

副収入さえあれば、そのお金も投資に回すことだって可能です。

昇給やボーナスがなくても、自分次第でなんとかなります。

 

というわけで、少額投資だけで配当金・分配金はなかなか増えないので、

  • 配当金・分配金を目的とした投資はしない
  • 投資額を増やす
  • 投資する銘柄を減らす

 

の方策をとってみるのもひとつの方法です。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。