過去の自分にいいたいこと

スキルアップ・自己改善

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

仕事を辞めてから毎日プログラミングの勉強をしています。

一生でこんなに勉強していないんじゃないかっていうぐらいめちゃめちゃ勉強しています。

 

時間を忘れるぐらい勉強しています。

やっていてめちゃめちゃ楽しいです。

 

これを最初から仕事でしていればよかったなあと思うぐらいです。

といってもまだ仕事を取って来れるレベルではありませんが。

 

  • 自分が楽しいと思うもの
  • 自分の能力が活かせるもの
  • 自分が好きだなと思えるもの

それで一生食っていく仕事にするべきだと考えています。

 

その点を踏まえて、過去の自分に言いたいのは、

  • 好きなことを見つけること
  • やりたいことを見つけること
  • もっと情報収集するべき
  • 積み上げの記録をつける
  • 他人と比較しない

 

です。

*過去のいくつかの記事を統合・追記しました。

 

やりたいことをみつける

 

以前のぱぺまぺは、不得意なジャンルでもいからとりあえず生活するために仕事をしていた、という感じでした。

好きでもない、特に嫌いなジャンルで、不得意なジャンルの仕事を何年もやっていました。

 

心の中ではいつか辞めてやるという思いがあったにせよ、ずるずると仕事を続けていました。

思い願っていただけでは、何も自分を変えることはできません。

 

スキルを身につけてから辞めるという方法もあったので転職を決意してから約1年ほど働きながら勉強していたんですが、

 

  • 勉強の進みが遅い
  • 勉強の時間もない

 

ということで仕事を辞めました。

体感ですが通勤込みで仕事に使っていた時間をそっくりそのままプログラミングの勉強にあてているような感じです。

通勤しながら勉強は、自分で選択した道とはいえ、長くやるべきではなかったなと反省しています。

 

プログラミングの勉強をしていてこっちの道が自分には合っているかどうかはまだ不明ですが、

  • 集中して勉強し続けられる
  • やっていて楽しい
  • 単純に飽きない

 

という感じで継続できています。

 

学習や成果で比べるべきは、過去の自分

 

ぱぺまぺが今やっているプログラミング学習は、一般的に挫折率が高いといわれています。

成果がなかなか出ないからです。

 

そして、自分と同時期に始めた人がうまくいっていたりとか、そういうとき、モチベーションは下がります。

自分はなぜできないんだろう・・・とか思ってしまいがちです。

 

そんなのは気にする必要なくって、比べるのは過去の自分で良いと考えます。

 

他の人のことを気にする必要はありません。

他の人とあなたは全く違う人間なんですから。

 

当然、

  • 収入状況
  • 仕事
  • 家庭環境
  • 勉強に使える時間
  • これまで歩んできた人生

 

頭の良さとかそういう背景となるものがまったく違いますから。

土台からして違うので、そもそも他人と比べるのはナンセンスだと考えます。

過去の自分と比べて1mmでも成長していればOK

 

過去の自分と、例えばプログラミング学習などやっていなかったころと今の自分比べて成長したんではないかなと思っています。

調べて何かするとか、例えば分からないことも調べれて解決しようとする、やろうと思っている自分がいる。

だから、その時点で自分が成長している証拠です。

 

だって当時の自分は、調べて何かをやろうとすることそれ自体もやらなかったはずです。

当時の自分とは比べてもやらなかったことを今やっているならばそれはものすごくが成長していると思います。

 

これはプログラミングに学習に限ったことではありません。

昨日の自分と1mmでも成長しているなら、それは成果が出ていると考えています。

ぶっちゃけ勉強の継続ができているだけでも素晴らしい、と思ってます。

 

積み上げの記録をつける

 

作業日報というか今日の作業日報みたいなのを作って1日1日つけています。

ぱぺまぺはそれを実践していまして、ざっくりと今週は何をやるみたいな計画も同時に立てています。

  • 何時から何時まで勉強
  • 実質時間
  • 学習内容は何をやったか
  • そこで気づいたこと
  • 考えたことなど

 

をメモしたりしています。

過去の振り返りをするのにおすすめです。

 

一か月前の自分と結構やっているなと確認できます。

小さな積み重ねがいいんですよね。

 

今の悩みからついだれか比較してしまいますが、比較するのはあくまでも過去の自分です。

他人と比較するものではありません。

 

一度きりの人生、時間は有効に使う

 

人生の1/3は仕事。

1/3は睡眠。

 

睡眠は7時間から8時間取れれば最高なんですよね 。

1/3の仕事ですが、この仕事面に関しては、ぱぺまぺは自分の得意分野の仕事、自分がやりたい仕事、好きな仕事を割り当てるのが最良だと考えています。

 

好きな仕事でもやりたい仕事であっても、きついことはあったりストレスが溜まるようなことはあるでしょうが、嫌いな仕事を何十年も続けているよりかはよっぽど体にも精神的にも良いと考えています。

仕事をしないと生活が成り立たないのは重々承知ですが、だったらなおさら自分がやりたい仕事、好きな仕事に時間を使ったほうがいいです。

 

仕事は辛いとか苦しいと考えるのはそれはちょっと違うかなと思います。

自分が夢中になって時間を使い、睡眠時間を削ってでもやりたい、それを趣味にも仕事にもできれば最高なんですよね。

 

自分の時間だけでも好きなことに確保したい

 

残りの1/3は自分の時間です。

これに関してですが、ここはまあそれぞれとそれぞれ好きなようにしてください。

 

何か新しいことを始めたっていいし、日本一周、世界一周の旅行に行ってもいいし、苦手なことを克服するのに使ったっていいわけです。

 

1/3の仕事が、もし社畜でブラック企業で消耗しているのならば、残った1/3は、自分の好きなことをやった方が精神的に非常に楽です。

 

 

今は自己実現の時代ですし、自分の人生ですから。

しかもたった一回しかありません。

 

我慢してまでやりたくないことをやる必要はないかなと。

自分のやりたいことがあって、それをどうしてもやりたいと言うのならば、なにがなんでもやるべきです。

人様に迷惑をかけるようなものは除きますが。

 

とにかく自分のやりたいことがあるならそれをやるべきです。

仕事でそれをすることが叶わないならば、せめて残りの1/3は、自分の時間に使う。

可能であれば仕事でもそれを生かすことができればなお最高です。

 

こういう話をすると他人からはそんなのできるわけないだの否定したがる人が一定数いますが、やってみなければわかりません。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。