投資した銘柄、「失敗した・・・」と思ったら

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

自分がこれだ!、と思って投資した銘柄でも、やっぱり後から振り返ってみたら「失敗だったな・・・」、と思うときありませんかね?

 

  • これなら長期投資出来る
  • これなら継続投資でもOK

 

と思って投資した銘柄でも諸事情によって、それが急に変わることもあります。

人間の評価なんてそんなもの。

 

いわゆる失敗したと思った銘柄の取り扱いについてですが、基本的にぱぺまぺの方針としましては、

 

  • しばらく放置して様子を見る
  • プラスに転じたら売却する

 

この2つですね。

投資に失敗したら、「放置」と「売却」で対応する

 

その時に失敗したな、と思ったとしても、時間が経って様子を見てみると「売らなくて良かった・・・」、となるパターンも考えられます。

 

長期投資するつもりで買った銘柄が、実は下落相場・暴落相場にめちゃくちゃ弱くて追加投資する気が1mmもおきない、とか、周りの評判だけでついつい買ってしまった銘柄とかもぱぺまぺ的に失敗のケースです。

 

失敗したなと思う銘柄は、失敗したと思ってすぐに売却するのではなくて、しばらく放置して様子を見るのがまずは最適かなと思います。

 

何があるかわからないので、追加投資はせずにしばらく放置してみる。

気力がある人ならば積み増しをしてもいいかもです。

 

しばらく放置してみて、もしかしたら自分の気が変わるかもしれない、銘柄がめちゃくちゃ株価が上がるかもしれない、追加投資したいと思うかもしれませんしね。

 

投資失敗した銘柄の取り扱い方

 

投資して失敗した銘柄ばかりになってしまうと、ポートフォリオがそれに埋め尽くされてしまいます。

そういうときは、ある程度売却してしまうと良いでしょう。

 

ぱぺまぺは、その銘柄がちょっとでもプラスになったら売却してしまいます。

変に欲をかかずに、売却です。

 

売却して得た資金は、自分の中で長期投資に値する銘柄に投資していきます。

 

個別株にしろETFにしろ投資信託にしろ、失敗したなと思っても、それはしょうがないことです。

最初からうまくはいきませんからね。

 

試しに投資してみて、ダメだなと思ったら売却すればいいし、もしくは様子を見るとかして、うまくいきそうであればそのまま継続して投資していけばいいだけのカンタンな話です。

 

一度買った銘柄を投資し続けなければならないというわけでもないし、売却してはいけないというわけでもありませんからね。

 

下記のことを実践してみて、それから取り扱いを決めてからでも遅くはありません。

  • しばらく放置して様子を見る
  • プラスに転じたら売却する

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。