ポートフォリオ作成で困ったこと

プログラミング勉強

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

この記事を作成している時点で、ポートフォリオをまだ作成してます。

ポートフォリオというのは、自分こういうスキル持ってますよーみたいなスキルの証明みたいなものです。

web制作やエンジニア、デザイナーでもそうですけど、転職活動の際に面接官や 採用担当者にそれをみせたり、副業や本業でも活用されたりと、割りと必須なモノなんですけど。

ポートフォリオ作成で困ったこと

ネタがない、というのが問題でした。

元々その分野で働いていたり勉強していた人であれば何かしら自分でアプリや WEBサービスなど作っていてポートフォリオに実績として載せられるものがある人はいいですけどね。

ぱぺまぺの場合はそれがない状態です。

どうすればいいかというと、創るしかないわけです。

未経験からいきなり実績を作れ、といわれてもなかなか厳しかったりします。

方法としては、

  • 架空のWebサイトを作る
  • webサイトを模写したものを載せる
  • なんらかのwebサービスを作る
  • ポートフォリオ自体を実績にしてしまう

とかしかないかなと。

ちなみにぱぺまぺの場合だとポートフォリオと、MENTAというサービスでメンターさんから出されたオリジナルの課題で作成したものを載せます。

もちろん、ポートフォリオとして載せてもOKなものですが。

実績や制作物がないなら、今から創る

実績部分はなかったら作るしかないというのが解決です。

なのでポートフォリオを作りながら、 ポートフォリオに載せられるような制作物も同時に作っていくのがいいんじゃないかと。

その制作物をつくるのもそれなりに時間を要しますからね。

特に、働きながらだと…

どんな感じで作ればいいかわからんという人は、他人のポートフォリオ参考にしましょう。

アニメーションやレイアウトとかも他人のポートフォリオやwebサイトで確認してみてそれを参考に自分のポートフォリオや架空のwebサイトでマネしてみるとか。

いきなり全く作ったことがない初心者がオリジナルでゼロから作るというのはなかなか難しいですよ

参考にして自分なりに改変を加えていくというのが手っ取り早いような気もしま す。

ポートフォリオなんて大体載せるものは決まっているので、後はレイアウトとか 演出とか制作物に載せるものとかそういったものが多少違うだけで大体は一緒なんですよね

めちゃくちゃレベルの高い方ところもありますが

ポートフォリオはあとからいくらでも追加できる

ポートフォリオは一度作ったら終わりというわけではなくて、時間的に余裕があれば随時追加作成していくことがが可能です。

ぱぺまぺが今作っているものも、プログラミングスクールで作ったものをベースに大幅改変してます。

ポートフォリオは、また他の企業に転職する際に使ったり、副業やるときに自分を紹介するのに使ったりとか色々活用方法はあります

ぱぺまぺはまだ作成途中で偉そうなことがいえないんですが、頑張れば

  • 異業種
  • 未経験
  • 超絶初心者

でもポートフォリオくらいは作れるようになると思います。

ただ独学で作るのも厳しいのであれば、 やっぱり誰かサポートしてくれる人、教えてくれる人をつけた方が早くなると思います。

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。