VOO投資する余力ないなら、投資信託でもいい。

投資信託

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

ちょっと前まではS&P500に投資するには米国ETFを買うしかありませんでした。

S&P500ETFの代表的なものは、

  • SPY
  • IVV
  • VOO

 

の3つですね。

 

いちばん一口あたりの価格が安いVOOでも約30000円ぐらいです。

30000円なんてお金、ないですよ・・・という人もいると思うんですよね。

 

でもムリして30000円捻出できなくてもだいじょうぶで、国内モノETFや投資信託でも十分代用できます。

投資信託を買うなら、SBI証券でも楽天証券でもネット証券大手ならなんでもいいんですけど、口座開設だけでも済ませてしまいましょう。

口座を開設するだけなら無料です。

 

投資するかわからないけれども、とりあえず口座だけでも解説しておく、といつでも始められます。

 

楽天証券
楽天証券

 

VOO買えないなら投信で代用する

 

VOOもSPYもIVVもぶっちゃけどれに投資しても大差なしです。

 

ぱぺまぺはいちばん単価が安いという理由でVOOを買っています。

ちなみになぜ単価が安いかというと、3つの中で一番最近出たもの、後発だからです。

 

そんなVOOにも投資できない、という場合は、国内モノETFやS&P500系の投資信託で代用しちゃいます。

 

VOOの代用品

VOOの代用品は↓のもの。

 

S&P500系投資信託

  • eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
  • SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド
  • iFree S&P500インデックス

 

S&P500系国内ETF

  • 1655
  • 1557

 

なかなか商品がそろってきた、という感じです。

1557もやはり30000円弱します。

 

なので、なるべくお安くS&P500に投資するなら、

  • 2000円弱で買える1655
  • 3本の投資信託のどれか

 

という感じです。

ちなみにぱぺまぺは、1655とeMAXISの投信を買っています。

 

3本の投資信託は、どれもつみたてNISA対象です。

なので、お好みでどうぞ。

 

もしも投資信託だけでは心配、という人は国内モノETFの1655も合わせてどうぞ。

ぱぺまぺは1655をなんだかんだで100口以上もっています。

 

分配金だけでなんとか1口まかなえそうなぐらいにはなりました。

投資信託は分配金は出ませんので、配当金再投資、というのをやりたいのであればETFですね。

 

本格的に配当金再投資戦略をやりたいのであれば、高配当個別銘柄を複数投資したらいいかと。

ぱぺまぺは自分の投資資金的にちょっと個別株複数投資は厳しそうなので、、、。

 

本家VOOもあまり高利回りな商品ではありません。

長期的なスパンで着実に資産形成していくのには向いていると考えます。

 

お手軽さだったら投資信託

投資信託であれば100円から投資できますので、自分にムリのない金額で投資することができます。

 

ETFだと1口あたりの価格基準なのでそれに左右されてしまうんですよね。

こちらでどうにもできません。

金額が調整できて、お手軽に投資するなら投資信託がいちばん楽ですね。

 

ただ、投資信託にも問題がありまして、、、。

 

↑で紹介した3本の投資信託が本当に20~30年先まで運用されているのかというのが心配なんですね。

日本の投資信託の寿命は平均で7年らしいです。

 

投資信託の寿命が心配で長期保有できない。

だからぱぺまぺは1655にも、そして安定運用本命のVOOにも投資しているわけです。

 

とはいえ、投資信託の寿命が短い、というのは昔の話でもしかしたら今は長期的に運用されるかもしれません。

3本の投資信託が30年先まで無事運用されているかもしれません。

 

少なくとも現状では投資しても問題ないので、投資資金が少ないというのであればこれら投資信託に投資しましょう。

 

資金的に余裕ができたら、ETFにも手を広げていく感じで。

 

投資信託もETFも、証券口座を開かないと投資できません。

なので、大手のネット証券であればなんでもいいですが、開いてしまいましょう。

 

楽天証券
楽天証券

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。