プロフィール

基本情報

ぱぺまぺ

どうも、ぱぺまぺといいます。

投資ブロガーやっています。

名前ぱぺまぺ
趣味ブログ、投資、読書
年齢 30代
出身東北地方
性別
資産運用法個別株、ETF、投資信託で毎月コツコツ

ちなみに、奨学金という借金ありです。

2019年3月現在・・・残り返済額、約30万円

 

ぱぺまぺは、基本的に典型的な社畜してます。

超ざっくりですが、⬇のような感じです。

ぱぺまぺについて
・手取り20万円に届かない低年収
→少額でできる投資1年以上継続

・朝早く帰りが遅い社畜の典型
→1日1記事更新、半年で100記事達成

・低年収✕投資家✕ブロガー

 

 

保有銘柄一覧 2019年3月時点

利用証券会社保有銘柄種類
SBI証券eMAXIS Slim先進国株式インデックス投資信託 先進国 つみたてNISA
eMAXIS Slim新興国株式インデックス投資信託 新興国 つみたてNISA
eMAXIS Slim国内株式(日経平均)投資信託 日本 つみたてNISA
eMAXIS Slim米国株式(S&P500)投資信託 米国 つみたてNISA
iFree NYダウ・インデックス投資信託 米国 特定口座
EXE-iグローバル中小型株式ファンド投資信託 小型株 つみたてNISA
楽天・米国高配当株式インデックスファンド投資信託 米国 特定口座
三井住友・日本債券インデックスファンド投資信託 日本 特定口座
ブリティッシュアメリカンタバコ英国株ADR NISA口座で保有
バンガードS&P500ETF米国ETF NISA口座で保有
東京電力(9501)日本株 NISA口座で保有
ワンタップバイコカ・コーラ米国個別株 生活必需品
プロクター・アンド・ギャンブル米国個別株 生活必需品
ファイザー米国個別株 ヘルスケア
エクソンモービル米国個別株 エネルギー
マクドナルド米国個別株 一般消費財
IBM米国個別株 情報技術
アップル米国個別株 情報技術
モンデリーズ米国個別株生活必需品
アルファベット米国個別株 情報技術
松井証券iシェアーズS&P500米国株ETF(1655)東証版米国ETF
  • 楽天証券で100円投資×20銘柄積立中。

ブログをはじめた理由

ブログで収益を得て、そのお金で借金返済や投資資金にまわしたいと思っています。

 

といいつつ、ブログで安定的な収益を得る前に、奨学金返済のほうが先に終わりそうです(笑)

 

それならそれで投資資金に回すだけなので良いですね。

もしくは、今まで返済で失ったお金をブログで取り戻す勢いでいこうかな、と。

 

よく、会社を辞めてフリーランスに~なんていう人もいますが、ぱぺまぺは今のところそれを考えていません。

通勤場所が遠いので、近いところに転職するという可能性はありますが。

いくら社畜だろうと、少なくとも基盤が安定しないうちは、どうしても労働収入という安定収入は捨てきれないんですよね。

当ブログの内容

ブログのカテゴリーメニューを見えもらえれば、だいたいどんな感じのことを書いているかわかると思います。

 

もうちょっと具体的にいうと、

  • ぱぺまぺが実践している投資・保有銘柄に関すること
  • ぱぺまぺが、面白そう、興味・関心が出てきた銘柄・投資商品に関すること
  • 投資初心者向けの投資記事
  • ぱぺまぺのように資金が少なくてもできる投資・サービスなどの記事
  • 投資や貯金、節約、保険など

 

超ざっくりですが、⬆のような感じですかね~。

 

よその投資ブログとか見ていると、みなさん資金力がすごいんですよね。

毎月〇十株買い増ししただの、10うん万円買い増ししただの、毎月投資資金10なん万円回してどーのこーのとか。

時には不動産投資までやってる人とか。

 

すごいんですけど、正直マネできない!!

 

ぱぺまぺは、そのへんに転がっているごくごく普通な会社員なんですよ。

実は親がすごいお金持ちで資産もあって、持ち家もあって、借金なくて・・・。

みたいな、人物ではございません!!

 

東北地方の中小企業勤め。

ボーナスなんてない。

日曜出勤もあるし、だからといって平日に代休があるかというとありません。

週6連勤当たり前。

 

毎月の手取り収入が20万に届きません。

 

ぱぺまぺはそんな状況ですが、投資できています。

 

そんなぱぺまぺですら投資するお金を捻出できているわけですから、やろうと思えば、だれだってできるわけです。

 

じゃあ、なぜ他の人はやらないのか。

  • 投資するお金がない
  • 興味はあるけど、投資のやり方がわからない
  • そもそも投資がなんだかわからない
  • どこに投資したらいいのかわからない

 

などなど。

いろいろ理由はあると思いますが、そこらへんの解決方法も記事にしていきます。

 

ただこれだけはいえます。

お金がないから投資できない、というのはもう理由にはなりません。