清涼飲料水コカ・コーラ(KO)は配当王

配当王コカ・コーラ ワンタップバイ米国保有銘柄

スポンサーリンク







だれでも知ってる清涼飲料水コカ・コーラは、「配当王」

どうも、ぱぺまぺです。

 

ぱぺまぺは、メインの投資はつみたてNISAによる投資ですが、少額ながらワンタップバイでも個別株投資を行っています。

ワンタップバイ米国で投資している銘柄の一つに、コカ・コーラ(KO)があります。

 

コカ・コーラは、ファイザーに次いで、主力銘柄と勝手に位置付けて投資しています。

 

他の企業の事業内容はよくわからないですが、コカ・コーラは身近にあってとても慣れ親しんだ銘柄です。

 

コカ・コーラは、投資家界隈でも有名なウォーレン・バフェット氏の保有銘柄の一つです。

おまけに配当王。

 

今回はそんなコカ・コーラの特徴は投資対象としてどうなのか、というお話です。

 

コカ・コーラ(KO)の特徴・株価

  • ダウ工業株30種平均の構成銘柄
  • S&P500の構成銘柄
  • S&P100の構成銘柄
  • フォーブス・グローバル2000の上位100社(第86位)
  • 投資家ウォーレン・バフェットのバフェット銘柄
  • ジェレミー・シーゲルのシーゲル銘柄
  • 生活必需品セクター
  • 直近配当利回り
  • 連続増配 56年
  • 時価総額 202,08億ドル

 

コカ・コーラは、配当王として有名です。

正式名称は、ザ コカ・コーラ カンパニー。

 

配当王の条件として、50年連続で配当金を増やし(=増配)ている企業を、俗に配当王という。

 

直近配当利回りは、3.29%(2019年2月時点)です。

飲料メーカーブランドとして世界的にももちろん日本人にも、だれでも知っている超絶有名ブランドです。

コカ・コーラは、すでに連続50年以上という条件をクリアしており、配当王の称号を得ています。

 

参考までに、いくつか他配当王銘柄はこちら。

主な配当王企業

  • アメリカン・ステイツ・ウォーター(AWR)・・・63年
  • プロクター&ギャンブル(PG)・・・61年
  • スリーエム(MMM)・・・59年
  • ジョンソンエンドジョンソン(JNJ)・・・55年

 

コカ・コーラは、不況下においても強いとされる生活必需品セクターに分類されています。

ただし、あくまでも強いと「される」なので、絶対暴落しないなんてことはありません。

その証拠に、下が最近のチャートです。

 

コカ・コーラ株価

 

下が直近10年のチャートです。

コカ・コーラ直近10年

 

一時的な暴落、下落はあるでしょうが、チャートをみるとそこまで心配しなくてもいいかな?って感じです。

 

数年待てば回復しますから。

下落しっぱなし、上昇しっぱなし、なんてないので気にするほどではありません。

 

コカ・コーラ(KO)の財務・業績

〇 収益、成長率

コーラ財務

売上高は前年に比べて減少、収益及び成長率は減少続きです。

 

〇営業利益、成長率

コーラ成長率

営業利益は2017年時より増加しました。

 

〇 総資産

コーラ総資産

総資産は今のところ微減です。

 

コカ・コーラ(KO)の配当・利回り

〇 配当支払い及び利回り

現在は配当利回りは、3.29%、1株あたり1.56ドルです。

増配し続けていますね。

これが配当王たる所以です。

コカ・コーラ(KO)の主な事業・製品

  • コカ・コーラ
  • スプライト
  • ファンタ
  • コカ・コーラゼロ
  • 缶酎ハイ(日本限定)
  • コカ・コーラ・クリア
  • コカ・コーラ・プラスコーヒー

など。

 

コカ・コーラの競合他社

  • ペプシコ(PEP)・・・ペプシで有名。
  • モンスター・ビバレッジ(MNST)・・・エナジードリンク
  • ドクターペッパー・スナップル・グループ(DPS)・・・ドクターペッパー

 

ちなみにペプシコは、コカ・コーラとの間で、コーラ戦争なるものが起きたぐらいのライバル関係だったりします。

ペプシとコカ・コーラ比較

 

参考までにペプシコとの比較です。

ペプシコの株価を、コカコーラが抜いたのは一時的で、あとはペプシコが株価上昇し続けています。

コカコーラは、ペプシコに比べれば少し良くないですが。

コカ・コーラは買いやすい銘柄の一つ

だれでも知っている安心感。

慣れ親しんだ企業。

ということで、ぱぺまぺがワンタップバイで初期に投資した銘柄の一つです。

SBI証券等の証券会社で購入するのであれば、一株あたりの単価41~48ドルあたりにいるので4~5000円ぐらいで一株買えます。

 

世界的ブランド、かつ、だれでも知っている、という知名度的にも、一株あたりの単価的にも、初心者が最初に買う銘柄としてはいいかもしれません。

それだけ有名ならば、そう簡単に倒産することもないでしょう!という素人判断です。

 

コカ・コーラへの投資

  • 知名度、価格的に最初に個別株投資に手を出しやすい銘柄

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。