生命保険は最低限で、という考え。

保険

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

ぱぺまぺは、生命保険は最低限でいい、という考えです。

ぱぺまぺの中で、保険の優先順位が高くないからというのもあります。

 

不必要だと思ったものは、解約しています。

迷った時点で、解約ですね。

 

ぱぺまぺがかけている生命保険は、

  • 県民共済
  • がん保険
  • 定期保険

 

の3つだけです。

人によっては最低限の定義は違うかもですが、ぱぺまぺにとっての最低限の生命保険は↑の3つです。

今のところ、ですが。

 

最低限の生命保険は、人それぞれ

 

他人や知人、保険屋がおすすめしてきても、なるべくならすぐに契約せずにじっくりとよく考えてから契約すべきです。

  • 内容がかぶっている保険はないか
  • 仮に契約したとして、毎月の出費額と収入とで問題はないか
  • 本当に自分にとって必要な保険か

 

ぱぺまぺの場合は、最低でも↑の3つを考えてから契約してます。

 

なお、ぱぺまぺは30代前半で未婚で子供もいないので、ぱぺまぺの生命保険に関する考えはほかの人では当てはまらないことも多々あると思いますが、その辺はご了承ください。

(いちおう、こういう考えもあるよ、という感じです・・・。)

 

というのも、ぱぺまぺ自身よくわからず、知人のススメで生命保険に加入した経験があるからです。

貯蓄性のある生命保険とか、一生涯保険料があがらないやつとか・・・。

 

自分にとっての最低限、でなくなった保険

貯蓄性のある生命保険は、満期が来る前に途中解約すると、元本の半分ぐらいしかもどってきません。

それでも、ぱぺまぺは解約しました。

 

満期までもてば、元本に気持ちプラスして戻ってくるのですが、その辺は投資の分野にお任せです。

生命保険に下手に資産運用性を持たせるべきではないかな、と。

 

資産運用は、資産運用。

保険は保険です。

投資失敗

生命保険で資産運用は向いてない

2019年6月6日

 

貯蓄性のある生命保険にお金を投じるよりも、そちらをやめてその分の資金を投資信託なりETFなりの投資資金にしたほうが、20~30年後の戻りもいいかなという判断ですね。

その生命保険に掛けた額の半分以上を失いましたが、まあ損して得を取れということで。

 

加入時は、当時ぱぺまぺは投資なんて1mmも興味なかったし、よくもわからずその生命保険に加入してしまったんですよね。

 

そして同様に加入してしまったのが終身医療保険。

これも2~3年ぐらい加入していましたが、一度も使わなかったですね。。。

 

コスパのいい県民共済でも代用できるかな、ということでこちらも解約。

 

こんな感じで、加入していた2つの生命保険は、ぱぺまぺの中で最低限のものから外れてしまいました。

 

保険に対する考えは、変わっていく

加入当時は必要だと思って加入していても、途中で不必要に感じることも多々あります。

そういうときはすっぱり解約したほうがいいですね。

 

人の考えは変わるのでそれはしかたないことです。

 

なので、満期までもたないと不利になるような保険はあまりオススメではありませんね。。。

あと、一生涯保険料あがらないの文句につられて使わない保険に加入したりとか・・・。

 

いつでも解約できるような、掛け捨てタイプの保険がいいですね。

 

考えは変わっていくので、ぱぺまぺが今加入している保険だっていずれは考えが変わって解約するときがくるかもしれません。

最低限の、はそのときどきで違っていいと思いますので。

 

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。