楽天ポイント運用いったんリセットしました。

楽天ポイント運用成績 その他投資

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

ぱぺまぺは、

  • 国内、米国ETF
  • つみたてNISAによる投資信託
  • 特定口座での投資信託

 

これらを駆使して資産運用を行っています。

オマケ的な感じで、

  • 楽天ポイント運用
  • Tポイント投資

 

こちらも同時に行っています。

Tポイント投資に関しては、こちらの記事をどうぞ。

SBI証券で、投資信託をTポイントで投資してみた

2019年7月27日

 

さて、楽天ポイント運用に関してですが、いったんリセット、というか全部引き出ししました。

 

楽天ポイント運用一時全引き出し


楽天ポイント運用はいったん全部引き出しです。

そのときの成績は⬇です。

 

楽天ポイント運用成績

 

含み益になりました。

含み益といっても、現金ではなくポイントですが。

しかし楽天スーパーポイントは、現金と等価です。

 

一応、楽天ポイント運用を知らない人のために説明しておくと、超ざっくりいうと楽天スーパーポイントだけでする疑似投資運用サービスです。

楽天ポイント運用はじめてみました

2018年10月21日

 

2つのコースを選ぶことができます。

  • アクティブコース
  • バランスコース

 

2つの違いはなにかというと、

アクティブコース・・・積極運用コース。全世界株式(日本含む)と債券に70:30で投資する株式重視型。

 

バランスコース・・・安定運用コース。全世界株式(日本含む)と債券に30:70で投資する債券重視型。

 

 

ぱぺまぺはアクティブコースで投資していました。

ただし真面目に、毎月、毎週、投資していたわけではなくて結構忘れちゃうんですよね。

 

オマケ的な感じでやっていることと積立投資の設定になっていないからだと思うんですけど。

なにかの拍子で思い出した時にポイント運用成績を確認してポイントが余ってたら投資するみたいな感じでやってました。

 

100ポイント、もしくは200ポイントずつでもそれなりの成績を残す感じにはなりましたけどね。

 

楽天ポイント運用を利用した投資戦略

配当金

投資戦略とよべるほどのものではありませんが、、、

 

基本的には、

  1. 余ったポイントを楽天ポイント運用につぎ込む
  2. しばらくそれを続ける
  3. ある程度含み益になったら引き出して、楽天証券で投資信託をポイントで買う

 

ぱぺまぺは楽天証券において、

  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド
  • ニッセイグローバルリートインデックスファンド

 

の2つに投資しています。

 

楽天証券100円投資×20銘柄の生き残りです。

投資信託のお手軽な100円投資は、卒業しよう

2019年6月26日

 

楽天全米のほうは、米国市場のだいたい全部に投資するものです。

よく聞くS&P500は大型株500銘柄が対象ですが、楽天全米のほうはそれ+中型株、小型株も含まれています。

 

つまり米国市場の幅広く分散投資する、それの投信版ですね。

 

ニッセイグローバルリートインデックスファンドは、海外リートに投資する投信です。

ぱぺまぺは、リートには興味がありつつも資金的に余裕がないのでリート投信でごまかしています。

 

と、まあこんな感じで楽天証券においては、

  • 通常の積立投資
  • 楽天ポイント併用
  • 楽天ポイント運用益

 

これらを駆使してやっているわけです。

 

ちなみに、投資をやったことがなくて、興味がある人は楽天ポイントを使って投資してみるのもオススメです。

ポイントならば、現金ではないしオマケで手に入れた、もとはないものなので失ってもそこまでダメージはないはずです。

 

100ポイントから投資することができますのでお試しでやるのもいいかもしれません。

楽天ポイント運用も100ポイントからできます。

 

ぱぺまぺのようにある程度含み益になったら引き出してもいいし、そのまま継続しても自由です。

もちろん、増えたポイントは楽天証券で投資信託を買うのに使ってもいいし、楽天市場ほか楽天のサービスで利用するのも自由です。

 

ぱぺまぺは、期間限定ポイント以外は、すべて楽天証券につぎ込むつもりです。

そしてついでにいうと、楽園ポイント運用はあまり真面目にはやらないつもりです。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。