最安コストで先進国投資するならこのインデックスファンド!

先進国株式投信関連

スポンサーリンク







eMAXIS Slim先進国株式インデックス

どうも、ぱぺまぺです。

ぱぺまぺは、米国重視の国際分散型のポートフォリオを組んで投資しています。

そのポートフォリオの中の一つ、eMAXIS Slim先進国株式インデックスを保有しています。

このインデックスファンドは、先進国投資対象で信託報酬最安クラスのインデックスファンドです。

ぱぺまぺは、このファンドをグローバル戦略の片翼として投資しています。

グローバル戦略とは、ジェレミー・シーゲル氏の推奨ポートフォリオに登場する戦略の一つです。

 

本来の内容としましては、

  • S&Pグローバル100(グローバル株式の大型株100銘柄で構成される指数
  • ダウ・ジョーンズ・グローバル・タイタンズ(世界を代表する巨大なグローバル企業50社で構成

ということで、米国以外にも幅広く投資しよう!ということです。

なぜか米国株投資家の間では、上の図の高配当戦略だけを抜き出している投資家が多いです。

これをインデックス投信で再現するには(再現する必要性はない笑)、投資先が幅広いインデックスファンドに投資することです。

先進国に最安で分散投資するよ!(日本除く)

ファンド名eMAXIS Slim先進国株式インデックス
運用会社三菱UFJ国際投信
ベンチマークMSCIコクサイインデックス(円換算ベース)
信託報酬0.11772%以内(税抜)
購入手数料無料
信託財産留保額無料
純資産総額248億円(2018年11月時点)
銘柄数1318銘柄
(配当)利回り年率5.0~9.1%
償還日無期限

ベンチマークのMSCIコクサイインデックスは、主として日本を除く先進国の株式に投資します。

これ一本で、先進国22カ国、銘柄1300種以上に投資できちゃいます。

ただし、先進国22カ国均等投資ではありません。

時価総額(価格×流通株数)の大きい順に組み込まれています。

組み入れ上位10カ国では、アメリカが60%以上を占めています。

その次に多いのが、イギリス、フランスです。

その他の中には、イスラエルやベルギー、デンマーク、イタリアなどが入っています。

 

アメリカの比重が60%超とかなり多いです。

ちなみにですが、欧州をメインとする低コストなインデックスファンドってないんですよね。

アメリカや日本だといくらでもあるんですが、欧州のものはコストが高いものが多いのです。

欧州系投信

  • SMT 欧州株配当貴族インデックス・オープン コスト0.594%
  • 欧州株式指数ファンド コスト0.7128%

コストを犠牲にしてでも欧州に投資したいなら、これらに投資するしかないです。

しかし、コストは必ずリターンを蝕みます。

投資においてはいかにコストを抑えて投資するかにかかっています。

eMAXIS Slim先進国株式インデックスに投資すれば、間接的にでも欧州にも投資するので、おすすめです。

 

当ファンドは先進国投資ですが、日本は対象ではありません。

このベンチマークはなぜか日本に人気で、これをベンチマークとしたインデックスファンドが多いです。

一例をあげると、

  • ニッセイ外国株式インデックスファンド
  • iFree外国株式インデックス
  • たわらノーロード先進国株式

など、他多数あります。

こういった同じような投資対象の商品が多数ある場合、基本的にコストが安いものを選びましょう。

なぜなら、同じ指数に連動するので結果も同じになります。

よって、違いをあえて挙げるならばコストぐらいだからです。

コストはどう考えたって安いほうがいいに決まっています。

 

なので、ぱぺまぺが MSCIコクサイインデックス指数に投資するなら、コスト最安のeMAXIS Slim先進国株式インデックスに投資しています。

純資産額が250億円に届きそうです。

何度かの大幅下落を経験していますが、トータル的には右肩上がりで推移していますね。

 

f:id:eriu:20180521225404p:plain

myindexのパフォーマンスでリターンを調べると、年率平均30年で9.1%のプラスです。

アメリカ以外の先進国にも幅広く投資したいのなら超おすすめです。

 

日本はいらない子、それ以外の先進国に投資するならこれ一本

eMAXIS Slim先進国株式インデックスは、先進国を投資対象としたインデックスファンドでは、コスト最安です。

  • 日本以外にも投資したい人
  • 先進国に幅広く分散投資したい人

そういう要望があるならば、このインデックスファンドはその望みを叶えてくれるでしょう。

 

低コスト化戦争が激しいインデックスファンドですが、eMAXIS Slim先進国株式インデックスは先進国株式インデックスファンドとしてはコスト最安クラスです。

先進国投資ですが、日本を含んでいません。

日本にも投資したいならば、別途日本株式インデックスファンドに投資するといいです。

eMAXIS Slim先進国株式インデックスまとめ

  • 日本以外で、かつ複数の先進国投資なので分散性に優れる。
  • 米国を多く含んでいる
  • 先進国株式クラスのインデックスファンドではコスト最安。

ここまで読んでくださりありがとうございました。




data-matched-content-ui-type="image_sidebyside" data-matched-content-rows-num="4,3" data-matched-content-columns-num="1,3"

応援クリックよろしくお願いします。