楽天ポイント運用についての考え方

その他投資

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

ぱぺまぺは楽天ポイント運用を利用しています
楽天ポイント運用は完全にポイントだけで投資運用する擬似的な投資サービスです。

証券口座を開いていなくても投資体験ができます。

 

楽天スーパーポイントだけで運用されるので投資をやったことがない初心者でも気軽にやることができます。

そんな楽天ポイント運用ですが、ぱぺまぺなりの見解というか、どうせ利用するならこういうふうに考えたほうがお得かなと考えたことを紹介したいと思います。

 

楽天ポイント運用について

 

基本的にポイント投資はオマケとして捉え、メインでやるべきではありません。

ポイント投資だけで資産運用は、めちゃくちゃ厳しいといわざるを得ません。

 

ですが、通常の投資に増やしたポイントを活用すれば、追加投資する余力がない場合であっても、ポイントを代わりに投資することで追加投資することができます。

 

楽天ポイント運用は100ポイントから活用できますが注意点はあります。

  • 99ポイント持ってても投資できない
  • 投資は100ポイント単位

 

99ポイントで持っていても100ポイント貯めないと使えません

また120ポイント持っていたとしても、100ポイント単位なので100ポイントまでしか投資できません。

 

増えたポイントは引き出して普通にポイントとして活用することもできます。

ちなみに引き出し手数料は無料です。

 

ぱぺまぺの場合はポイント運用解約して増やしたら、買い物に使ったりせずに投資信託を買うのに使っています。

 

ポイント運用で増えた分だけ節約?

 

ぱぺまぺの中での楽天ポイント運用は、考え方によっては有用だなと思っています。

というのも、楽天ポイントは通常は還元率1%なので100円使って1ポイント入手できる計算です。

  • 100円で1ポイント
  • 1000円で10ポイント
  • 1万円で100ポイント

 

楽天ポイント運用で100ポイントでも200ポイントでも増やすことができれば、通常そのポイントを手に入れるのに要するはずだった資金を節約できたということになります。

100ポイント運用して5ポイント増えたら、500円使って(実際は使わずに増やした)入手したのと同等です。
本当は500円使わないと5ポイント手に入らないですからね。

 

でも実際は使っていないのだから、500円節約したのと同じ効果があります。

同じく100ポイント増やせれば1万円節約したのと同等です。

 

実際は使わずに増やしたのだから1万円節約したということですね。

1ポイントは1円と等価ですから、ポイントから円換算すれば1ポイント1円になってしまいますが、実際はその1ポイントを得るためには 100円使わないと手に入りません。

 

ポイント運用益リターン=節約ではないです。

と、ここまでポイント運用でポイント増やしたら、節約云々の話をしました。

実際のところは節約とポイント運用益リターンはイコールではありません。

 

 

上記のツイートをしたところ、Twitterのフォロワー様に下記のような指摘を受けました。

  •  消費の抑制で家計支出を小さくする節約」と「ポイントの運用で将来リターンを期する投資」は別物
  • 「1円の運用益は、還元率1%のカード払いにおける100円の支出に相当する」は正しくても、「ポイント運用と節約は同値」は誤り

 

たしかにそのとおりで、節約することとポイント投資の将来的リターンはイコールではありません。

特に投資に関しては利益も損も予測でしかない。

 

まあ、ぱぺまぺのひとつの考え方ということで。

だからなに?というわけではないんですが楽天ポイント運用をオマケで考えていましたが、考え方によっては有用なんではないかと思ったんですね。

 

正しくはないですが、そんなふうに自分の中で考えたほうがポジティブに使えるかなと。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。