日本版S&P500ETF「1655」で配当再投資戦略をやる。

ETF

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

ぱぺまぺは、投資信託や海外ETFに投資していますが、国内モノのETFにも投資しています。

その1つが1655です。

正式名称は、

  • iシェアーズS&P500米国株ETF(1655)

です。

名前のとおり、米国の大型株500銘柄に連動するS&P500に投資するものです。

結論的には、1655は配当金再投資戦略やりやすい、です。

 

1655 S&P500

Black Rock iシェアーズS&P500ETF(1655)は、超お手頃価格で投資できる。

2018年10月20日

 

「1655式」配当金再投資戦略


 

1655は一口あたりの価格は2000円弱です。

 

 

1口あたりの価格が安いので、資金が少ない投資家でも投資しやすいですね。

ぱぺまぺは、1655を100株程度持っています。

 

1655でも配当金はでます。

1655公式

 

1口あたり19円、100株もっていれば1900円ですね。

1口あたりの価格が2000円程度なので、配当金だけで1口の大半を賄うことができますね。

 

ちょっとだけ元本を足してやればOKですね。

ちりも積もればなので、1655の株数を増やしていけば、20~30年後には大きくなるような感じはします。

 

似たような商品に1557があります。

こちらは1口あたりの価格が30000円ぐらいです。

 

少額投資家には厳しいです!笑

1655が、将来的に1557のように成長してくれると嬉しいですけどね。

 

配当金再投資超概略

配当金

配当金再投資戦略は、その名の通り配当金が出たらそれをそのまま再投資に使うという戦略です。

 

ただ、実際は配当金だけでは1株買えません。

特に投資初期のころは。

 

株数を増やしていけば配当金の額が増えますが、そこまで持って行くのはなかなか大変です。

けっきょく、投資元本が重要になってきますね。

 

そこで、1655です。

1655は、

  • 投資鉄板銘柄S&P500が投資対象 → S&P500は超メジャーなので安心して投資できる
  • 1口あたりの価格が安い → 少額投資家でも株数そろえやすい
  • 配当金が出る  →  配当金再投資戦略ができる
  • 円で投資できる → 投資しやすい

 

ということでぱぺまぺ的には配当金再投資戦略に最適な銘柄だと思うのです。

1557だと多額の資金を要するのでちょっと厳しいです。

 

S&P500に投資するのに、価格が安いのって嬉しいですね。

 

1655に投資すれば、

 

 

これだけの業種に分散して投資することができます。

 

ぱぺまぺは個別株投資はやめてしまったので、個別株投資による配当金再投資戦略はせずに、かわりにETFでやることにしています。

 

今回は1655でやっていますが、もしほかにやりやすいお勧め銘柄があればそちらで行っても構わないでしょう。

ぱぺまぺは、S&P500を円で買える、配当金も出る、再投資しやすい、ということで1655が最適だと思うのです。

 

ETFなので、分散投資にもなりますしね。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。