グラクソ・スミスクライン(GSK)は、英国のグローバル製薬企業

GSK高配当 個別株&ETF

スポンサーリンク







英国グローバル製薬企業、グラクソ・スミスクライン(GSK)

どうも、ぱぺまぺです。

ぱぺまぺは、ブログをはじめるちょっと前にグラクソ・スミスクラインに投資していたことがあります。

 

まだポートフォリオが固まっていないときで、とりあえず買ってみた、という感じでしたね。

全て売却してしまいましたが。

 

とりあえず、とはいったものの一応理由はありまして、それが、

  • 英国株式ADR×NISAの組み合わせて配当課税なしで配当金がもらえる
  • ヘルスケアセクターで高配当銘柄

 

という、配当金狙いで投資していた経緯があります。

 

今回は、そんなグラクソ・スミスクラインの特徴についてのお話です。

グラクソ・スミスクライン(GSK)の特徴・株価

 

  • ADR銘柄
  • FTSE100構成銘柄
  • ストックス600構成銘柄
  • 時価総額  100,222(10億ドル)
  • 直近配当利回り  5.92%(2019年3月時点)
  • ヘルスケアセクター

 

  • FTSE100・・・ロンドン証券取引所における株価指数。時価総額上位100銘柄
  • ストックス600・・・ヨーロッパ17カ国における上場上位600銘柄の株価指数。

 

グラクソ・スミスクラインは、ADR銘柄です。

ADR銘柄他英国株式については以下の記事をどうぞ。

英国

英国株式投資の魅力とは

2019年4月21日

 

グラクソ・スミスクラインは、製薬企業としては世界屈指の企業です。

ロシュ、ファイザー、メルクなどと肩を並べています。

ワクチン、処方薬、市販薬などの消費者向け製品を開発と製造、販売をしています。

 

さらにグラクソ・スミスクラインは、米国の大手製薬企業ファイザーとヘルスケア部門において統合、合併設立しました。

ファイザーは、ワンタップバイでぱぺまぺが投資している企業です。

こんなところでかつて投資していたグラクソ・スミスクラインとつながることになるとは・・・。

 

ファイザー(PFE)は世界最大の製薬会社

2018年9月19日

 

ドイツのメルクとがん免疫療法で提携したということもあって、グラクソ・スミスクラインは業界で生き残ろうといろいろ模索しています。

 

GSKチャート

 

グラクソ・スミスクラインは40ドル付近をいったりきたりです。

グラクソ・スミスクライン(GSK)の財務・業績

  • グラクソ・スミスクラインの収益
GSKの収益

macrotrends-GSK収益

 

収益は、一時期低迷していましたが、近年は増加傾向にありますね。

 

  • グラクソ・スミスクラインの営業利益

 

GSKの営業利益

macrotrends-GSK営業利益

 

営業利益も、前年比、前々年比からみれば増加傾向にあります。

 

グラクソ・スミスクライン(GSK)の配当・利回り

 

GSKの配当

macrotrends-GSK配当金

 

1株あたり2.36ドルの配当金がもらえます。

5%超えの高配当利回りです。

ただし、連続増配銘柄ではありません。

 

グラクソ・スミスクライン(GSK)の競合他社

  • ロシュ
  • ファイザー
  • ノバルティス
  • メルク
  • サノフィ

このあたりがグラクソ・スミスクラインのライバル企業です。

 

グラクソ・スミスクライン(GSK)の主な製品、事業

  • コンタック・・・総合風邪薬。グラクソ・スミスクラインの看板商品。
  • レルベア・・気管支ぜんそく治療薬。
  • パキシル・・・うつ病等に有効な薬。
  • リレンザ・・・抗インフルエンザウイルス薬。

他にもめちゃくちゃあります。

 

グラクソ・スミスクライン(GSK)への投資リスク

 

製薬企業は、ヘルスケアセクター界隈で統合や買収がけっこう激しいです。

上でも一部門とはいえ、ファイザーとの統合、合併がありました。

過去には米国のバイオ医薬品企業テサロを買収、なんてこともありました。

 

自分が投資していた企業が、いつの間にか他企業に買収されていた・・・ということも考えられる事態です。

(ヘルスケアだけでなく他もそうでしょうが)

 

ヘルスケアセクターの場合は、個別株よりも案外ヘルスケアセクターに特化したETFで投資したほうがいいかもしれません。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。