アセットの特徴・国内REIT編(日本リート)

アセットの特徴日本リート 投資入門

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

ぱぺまぺは社畜しながら毎日ブログ書いてます。

 

ぱぺまぺについて
・手取り20万円に届かない低年収
→少額でできる投資1年以上継続

・朝早く帰りが遅い社畜の典型
→1日1記事更新、半年で100記事達成

・低年収✕投資家✕ブロガー

こんな感じです。

社畜しながらでも投資はできます。

これがお金に働いて貰う、というやつですね。

 

REITは数万円出せば買えますが、その数万円すら出せないのが、貧乏人であるぱぺまぺです


REIT、つまり不動産投資ですが実際やろうと思うとなかなか初心者には難しいです。

 

不動産を得て家賃収入、なんて不労収入の柱になりますが、そこまで構築するのが大変です。

なので、ぱぺまぺはもしもこのアセットに投資するにしても資金面の問題から別の方法を探ることになります。

 

今回は、国内の不動産クラス、いわゆる日本REITについてのお話です。

結論:国内REIT(日本リート)に投資するなら、インデックス・ファンドで。

通常、不動産クラスに投資するとなるとちょっと敷居が高いです。

資金も必要ですし。

 

 

少額でREITアセットに投資するには、リートインデックスファンドですよ

 

それでもREITに投資したい!っていう場合は、リート・インデックスファンドに投資する方法があります。

なぜなら、他の低コスト投信と同様に100円から投資できるからです。

 

アセットクラス・国内REIT(日本リート)

ぱぺまぺは国際分散型のポートフォリオを組んでいます。

不動産投資に関しては当ブログではほとんど扱っていませんが、選択肢のひとつとして有用なのでちょっと考えてみたい。

 

国際分散投資は、複数のアセットを組み合わせて分散投資するものです。

 

アセットとは、資産クラスのことです。

 

代表的なアセットクラス

  • 国内株式
  • 先進国株式
  • 新興国株式
  • 国内債券
  • 先進国債券
  • 新興国債券
  • 国内REIT
  • 海外REIT

 

アセットクラスの種類をあげるとざっとこんな感じ。

投資初心者は、このアセットすら分かないものです。

ぱぺまぺ自身がそうでした。

 

このアセット(資産)を、どうゆう配分で投資するのか決めるのがアセットアロケーションです。

アセットアロケーションを決めるのは大事な作業です。

 

でも、アセットアロケーションが大事とはいうけど、その前の話です。

 

アセットアロケーションを決める前にそれぞれのアセットの特徴を確認してみることも大事なことです。

 

アセットクラス・日本リートの特徴

REITとは、不動産投資信託のことです。

japan Real Estate Investmentの頭文字ですね。

投資家から資金を集めて不動産に投資します。

 

そこで上がった収益のいくばくかが、分配金として投資家に与えられます。

ここでいう不動産は、土地だけでなく、

  • オフィスビル
  • 居住施設
  • 商業施設

などなど。

ホテルや物流施設、ヘルスケアなども含まれます。

 

 

ぱぺまぺのような資金が少ない投資家でも日本リートに投資するには、

リートインデックスファンドに投資するのがいいですね。

リートインデックスファンドは、ほかの投信同様100円から買うことができるからです。

 

配当利回り的には、だいたい4%ぐらいです。

株式クラスとあまり変わらないですが、株式クラスよりは高くありません。

 

なのにリートクラスに投資する意義はなんぞや、と。

株式や債券とは違う投資先、に期待してですかね。

多少はそれらとは違う値動きをしますので。

 

日本リートの主な指標

東証リート指数があります。

 

東証REIT指数というものがあって、

  • 時価総額 約12兆円の不動産市場
  • 銘柄数 約60銘柄
  • オフィス 約42%
  • 商業・店舗 約18%
  • 住宅 約16%
  • 物流施設 約15%
  • ホテル 約8%
  • その他

などの特徴があります。

 

日本リートの組み入れ銘柄

 

jリート組み入れ

参考:たわらノーロード国内リート目論見書より

 

全て説明は省きますが、いくつか代表あげてカンタンに解説すると、

  • 日本ビルファンド投資法人・・・三井不動産をスポンサーとする国内最大のオフィス特化型J-リート。
  • ジャパンリアルエステイト投資法人・・・三菱地所をスポンサーとするオフィスビル特化型J-リート。J-リート最古参銘柄の一つ。
  • 野村不動産マスターファンド投資法人・・・野村不動産をスポンサーとする総合型J-リート。
  • 日本リテールファンド投資法人・・・古参銘柄の一つ。三菱商事とUBSをスポンサーとする商業施設特化型J-リート。
  • ユナイテッド・アーバン投資法人・・・丸紅をスポンサーとする総合型J-リート。

 

三井や野村、三菱など日本でも著名な企業がスポンサーとして控えています。

 

日本リートまとめ

株式とは違った投資先ということで、ひとつの選択肢になります。

ただ、株式クラスよりはリターンはよくないとも。

 

不動産の賃料収入とやらを得てみたいとぱぺまぺは思ったりしますが、資金的に実物不動産投資はムリですね・・・。

ただ、今はJ-REITやリートインデックスファンドから不動産に投資することができます。

 

もしくは、リートETFに投資するという方法もあります。

 

REIT系のETFだったら数千円。オマケに分配金もらえます

一部のリートETFは、数千円だせば一口買える銘柄もあるんですね。

もちろんJ-REITでも分配金はもらえますが、リートETFでもオッケーです。

 

J-REIT投資の場合は一口数万円程度の投資で分配金を得ることができます。

リートインデックスファンドは、100円から投資できますが分配金はありません。

 

使い分けで投資するのもいいでしょうね。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。