アセットの特徴・日本株式編

日本株式アセット 投資入門

スポンサーリンク







アセットクラス・日本株式

どうも、ぱぺまぺです。

ぱぺまぺは、国際分散型のポートフォリオを組んで投資しています。

国際分散投資ということは、当然ながら日本株式にも投資しています。

 

国際分散投資は、複数のアセットを組み合わせて分散投資するものです。

アセットとは、資産クラスのことです。

代表的なアセットクラス

  • 国内株式
  • 先進国株式
  • 新興国株式
  • 国内債券
  • 先進国債券
  • 新興国債券
  • 国内REIT
  • 海外REIT

 

アセットクラスをずらっと並べるとこんなに種類があります。

投資初心者は、このアセットすら分かりません。

ぱぺまぺもそうでしたから。

 

このアセットを、どうゆう配分で投資するのか決めるのがアセットアロケーションというのです。

アセットアロケーションを決めるのは大事なことです。

 

でも、アセットアロケーションが大事とはいうけど、その前の話なんですよね。

とくに投資初心者は。

 

アセットアロケーションを決める前にそれぞれのアセットの特徴を確認してみることも大事かなーと。

 

今回は、一番身近に感じられるであろう、日本株式のアセットクラスについて特徴やベンチマークのお話です。

アセットクラス・日本株式の特徴

 

日本に住んでいる以上、日本円で給料をもらい、日本円を消費して生活しています。

日本円の消費先は、もちろん国内の企業です。

 

やはりよく買う企業の商品やひいきにしている商品の企業とか気になります。

投資家の場合は、そこで国内の株式を多く保有しちゃったりします。

 

ホームバイアス・・・住んでいる国の金融商品を多く保有すること

日本だったら、日本株式を多く保有する傾向にあること

 

日本人ですから、当然国内株式を多くもっていたくなるものです。

 

なぜならば、

  • 海外株式よりも投資しやすい
  • ハードルが低い
  • 配当金が円でもらえる
  • 日本語の資料が無数にある

 

株式投資をコレ目的でやっている人もいます。

 

ぱぺまぺは、配当金はもちろんほしいですが、どちらかというと資産形成が目的で投資している面が強いです。

 

国内の企業に投資して、配当金も円でもらって、ここで非課税制度NISAを利用すれば、配当税がかからずに配当金がもらえます。

配当再投資の観点からいえば、効率が良いです。

 

ただ、投資元本が少ないうちは配当金も少ないので、配当金だけで配当再投資戦略を実行するのは無理です。

配当金に、投資金をつけたして投資しなければなりません。

 

国内の企業に投資するので、当然、外貨に替えずとも投資できます。

一手間省けるわけですね。

 

分散投資の観点からいえば、国内株式に集中投資するのはよくありません

日本株の経済が大暴落したら?

もしくは、米国経済の悪化で日本経済にまで波及したら?

 

たとえですけど米国株が風邪をひくと、日本株はインフルエンザになります。

日本株だけに投資していると、もろにダメージをくらうわけです。

ホームバイアスすることなく、分散投資したほうがいいのです。

 

日本語の資料がたくさんあるのもメリットです。

当たり前ですが国内の企業なので日本語で情報を得ることができます。

 

投資するにあたっては、資料がたくさんあるのはいいことです。

特に投資をしたことがない人にとっては、ね。

 

海外の企業だと、英語の文献を読んだりしないとだめな場合もあります。

(今は翻訳機能が優れていますが)

 

日本株式の期待リターンとリスク

期待リターンは、4~5%程度といわれているみたいです。

計算式があるようですが、算出方法はそこまで気にしなくてもいいです。

 

ああ、それぐらいなんだなあ、という範囲で頭にとどめておけば十分です。

100万円を年間運用して104~105万円になってもどってきたらいいね!ぐらいの感覚で。

 

リスクは、日本株式の場合は超ざっくりいって20%前後。

リスクは、危険とか危ないとかそういう意味ではありません。

 

投資世界の用語においてリスクは、リターンの変動幅のことですね。

リスクが大きいほど、リターンも大きくなります。

だから例えば国内債券は、リスクが小さいかわりにリターンがよろしくないのです。

 

じゃあ最初からリスクが高いモノをえらべばいいやん?って思うでしょう。

しかしリスクが高いとうことは、変動幅が大きいことを意味します。

つまり、最大のプラスリターンを得る可能性もあれば、最小のプラスリターン、もしくは最大のマイナスリターンを得る可能性もあるのです。

 

日本株式の場合、最大22%から最小-16%までの振れ幅があります。

一概にリスクが高ければいいというわけではないのです。

 

だから手堅く投資したいなら、リスクが小さい債券を投資する人もいるわけです。

日本株式の主な指標・ベンチマーク

  • 日経平均株価
  • トピックス
  • JPX日経400

などがあります。

 

  • 日経平均・・・東証第一部上場銘柄の中から大型株225銘柄を選定して投資する株価指数です。

代表的な企業をいくつかあげると、

  • 明治ホールディングス
  • 味の素
  • 花王
  • 資生堂
  • 武田薬品工業
  • キヤノン
  • 積水ハウス

 

ちなみに赤字は、ぱぺまぺがワンタップバイ日本株で投資している銘柄です。

 

  • TOPIX・・・東証第一部上場株すべての株価指数です。

日経平均よりは分散性に優れていますが、大型株から小型株までごちゃまぜです。

 

  • JPX日経400・・・は、2014年に出来たばかりの株価指数です。

東証上場株から400銘柄を選定した株価指数です。

 

TOPIXよりも少なく、日経平均よりも多い構成銘柄数です。

日経平均に採用されている銘柄も含まれていたりします。

 

日本株式は、米国以外の投資先として運用する

というわけで、日本株式の特徴を見てきました。

投資をしたことがない人でも、日経平均とかTOPIXはテレビのニュースでちらっとでも聞く単語です。

知名度?はあるんじゃなかろうかと。

 

日本株式は米国株に比べて成績も悪いし、高配当銘柄も米国株に比べれば少ないからオワコン!みたいな扱いになってます。

 

一つの資産クラスとしては投資対象になります。

なぜなら最近は米国株の高配当戦略とか米国株投資が流行っていて、むしろ逆に米国以外の投資先としてはいいかな、と。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




data-matched-content-ui-type="image_sidebyside" data-matched-content-rows-num="4,3" data-matched-content-columns-num="1,3"

応援クリックよろしくお願いします。