バフェット太郎さんの『バカでも稼げる「米国株」高配当投資』を読んでみた。

書評

スポンサーリンク







初心者向け米国株投資本『バカでも稼げる「米国株」高配当投資』

どうも、ぱぺまぺです。

最近仕事の方が忙しくてなかなか本を読むことができません。

それでも、バフェット太郎さんの米国株投資本読みたくて、ちょっとずつ読み進めました。

 

created by Rinker
¥1,650 (2019/11/18 18:46:23時点 楽天市場調べ-詳細)

 

米国株投資、株式投資界隈では知らない人はあんまりいないんじゃないですかね?

 

バフェット太郎さんとは

米国株投資ブログ「バフェット太郎の秘密のポートフォリオ」の運営者。

皮肉や毒舌が効いたキャラクターで、様々な角度から米国株投資を分析する御大。

日本一アンチがいるとかいないとか。

ぱぺまぺが米国株投資を始めようと思ったきっかけの一人です。

 

初心者向け米国株の投資本です。

 

ぱぺまぺのような超絶庶民でも、お金持ちになれるなった一つの方法が書かれています。

 

細かいところを省いて言うと、

 

いますぐ日本株投資を辞めて、米国株投資やろうぜ!!

 

ってことですね。

 

  • 投資って難しそう
  • 日本株投資やってるけど米国株はどうなの?
  • 米国株投資やってみたいけどカンタン?

 

そんな疑問を解決してくれますよ。

 

もうね、米国株が最強過ぎる理由とか、米国株投資でのマネーマシンの作り方とか、超わかりやすく解説してくれますよ!

 

ほんとにもう、割とまじで。

米国株ポートフォリオの作り方とかね。

 

コレ読めば、あなたもクソダサい投資家から脱却できるよ!!

 

お金持ちになれるたった一つの方法


米国の代表的な指数である、S&P500のETFをバカみたいに積立投資するのをかの有名なウォーレン・バフェット氏は推奨しています。

 

確かに、ぱぺまぺのような初心者や資金力がない投資家は、個別株投資は難しいんですよね。

代表的なS&P500ETF

  • VOO
  • IVV
  • SPY

 

ぱぺまぺもこの中ではVOOに投資しています。

S&P500

米国大型株式ETF、バンガードS&P500ETF(VOO)の買い時はいつ

2019年1月12日

 

それとSBI証券ではeMAXIS Slim米国株式(S&P500)、

松井証券では東証上場版米国ETF1655を。

ワンタップバイ米国で、SPYにも投資しています。

 

1655 S&P500

Black Rock iシェアーズS&P500ETF(1655)は、超お手頃価格で投資できる。

2018年10月20日

 

しかし、バフェット太郎さんが提案するのは、S&P500ETFに投資するよりももっといい方法があるとのこと。

 

それが、米国株の大型連続増配高配当株に機械的に投資することなんです。

 

バフェット太郎のポートフォリオ

 

どれも大型連続増配高配当株ですね。

 

バカでも稼げる 「米国株」高配当投資」では、バフェット太郎さんがおすすめする厳選銘柄リストが載っています。

 

ぱぺまぺは、米国株投資の個別株投資はワンタップバイにて行っています。

 

ワンタップバイポートフォリオ理想比

 

こっちはぱぺまぺのワンタップバイのポートフォリオです。

 

バフェット太郎さんのと被っているのは、

 

 

です。

ちなみに、ぱぺまぺのポートフォリオでバフェット太郎さんが厳選するリストに乗っているものは、

ですね。

 

合計で30種の厳選銘柄がリストに載っていますので、参考にしてみてはどうでしょう?

 

ぱぺまぺは参考にしました。

 

ぶっちゃけアップル、マイクロソフト、モンデリーズに関してはバフェット太郎さんの本を読んで投資しようと思ったぐらいですから。

ただし、資金的な問題でアップルとマイクロソフトは売却してしまいましたが。

ワンタップバイ米国・銘柄整理

2018年12月29日

 

大型連続増配高配当株から払い出される配当金という果実を、再投資に回します。

こうすることで普通に投資するよりも資産の増大がはかれるというわけです。

 

配当再投資戦略ですね。

ぱぺまぺもワンタップバイやVOOでの配当金は全て再投資に回しています。

現在は少額ですが、ゆくゆく株数を増やしていけば・・・・。

 

というわけで、バフェット太郎さんの投資本を読んで、あなたも米国株投資を始めて見ませんか?

 

created by Rinker
¥1,650 (2019/11/18 19:20:04時点 楽天市場調べ-詳細)

 

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。