安価でできる貴金属投資・銀投資とは

銀投資 その他投資

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

ぱぺまぺはいつまで社畜やってるかわかりません。

でも投資はなるべくいつまでもやりたい、そんな気分。

おおざっぱにいうと、↓のような感じです。

ぱぺまぺについて
・手取り20万円に届かない低年収
→少額でできる投資1年以上継続

・朝早く帰りが遅い社畜の典型
→1日1記事更新、半年で100記事達成

・低年収✕投資家✕ブロガー

 

ぱぺまぺはいわるゆコモディティ投資は行いません。

コモディティとは、商品のことです。

 

商品とはなんぞや、と例えば↓のようなものがあります。

  • 貴金属(金、銀、プラチナなど)
  • 農産物
  • エネルギー

など。

 

コモディティは基本的に分配金が出ませんので、値上がり益を狙っての投資がメインになります。

 

コモディティ投資で代表的なものの一つに、貴金属投資があります。

貴金属といえば金(ゴールド)がありますね。

 

金の影に隠れてあまりメジャーじゃないかもしれませんが、銀(シルバー)に投資する方法があります。

 

  • 銀は、金に比べれば安価で投資しやすい

 

今回は、銀投資に関するお話です。

銀が安価な理由:生産量が多い

生産量が多ければ、それだけ流通量も多くなります。

持っている人が多ければ、市場価値が下がります。

 

金価格よりも76分の1の値段です。

  • 金価格:1g  4600円前後
  • 銀価格:1g  56円前後
  • プラチナ:1g 3400円前後

 

まあ、ごく単純に希少なほうが価値が上がるのはわかりますよね。

だって持っている人がそれだけ少ないわけですから。

 

銀の特徴・チャート

銀チャート

三菱マテリアル・ゴールドパークより

 

参考までに、銀のチャートです。

 

金、銀、プラチナでの価格比較がこちらの表。

金、銀、プラチナ

ゴールドパークーマーケット情報より

 

というわけで、金よりもプラチナ、プラチナよりも銀が安価で投資できます。

 

銀の特徴としましては、

  • 銀の市場規模が金に比べて小さい
  • 生産量が多い
  • 工業用用途で用いられる

 

という点でしょうかね。

 

市場規模が小さいゆえに、自由に取引できない可能性があることと、金よりも値動きの幅が大きいという特徴があります。

 

銀よりも金に投資したほうがいいのでは?

銀よりも確かに金のほうが魅力があります。

金投資に関してはこちらの記事をどうぞ。

純金投資

純金投資のメリット・デメリット

2018年11月26日

 

ついでにプラチナ投資はこちらの記事です。

プラチナ投資

プラチナ投資は儲かるか

2019年3月12日

 

確かに金投資は魅力がありますが、金投資の価格を見ると投資にしにくいかも、と思う人もいるでしょう。

 

とにかく安価で貴金属投資をしたい!という人にはですね。

少額投資で貴金属投資をするならば、銀。

 

少額で投資するならまずはインデックス投信から、と感覚が似ています。

銀の「現物」投資は注意です。

 

わかると思いますが、銀は黒く変色しやすいという特徴があります。

なので金よりも現物での保管は向いていません。

 

 

なるべく安価で貴金属投資なら銀一択。

銀

 

銀投資には確かにメリットやデメリットがあります。

メリットな点・・・とにかく安価。お試しで貴金属投資やるにはいい。

 

デメリットな点・・・市場規模が小さい、値幅が大きい。

 

超ざっくりですが↑のような感じです。

デメリットのほうが感覚的には大きい気がしますね。

 

とはいえ、やったことがない貴金属投資をやってみたい、ついでにいうとなるべく安くやりたい、というなら銀になります。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。