投資を休むのも再開するのも自由

投資のヒント

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

お金がないとき、もしくは投資に疲れてしまったときは投資を休んでも全然だいじょうぶです。

ぱぺまぺは前にも似たような記事を書きましたが、 今でもその気持ちは変わっていません。

投資休み

投資に疲れたら休んでもいいです

2019年5月16日

 

ぱぺまぺ自身は今のところ投資を休んだりというのは、予定はありません。

毎月の投資額を減らすことはあっても。

 

 

投資は毎月積立投資の設定をしているならば、それを解除するだけでかんたんに積立投資を止めることができます。

個別株やETFだって、 注文さえしなければそれで終わりです。

 

投資は休んでもいつでも再開可能です

 

積立投資の設定や注文をやめたからといって、今まで投資した保有銘柄全てがなくなるわけでは全くありません。

自分のポートフォリオにそのまま存在しています。

 

休むときがあれば安心して、 投資の設定を解除してだいじょうぶです。

 

もしその間に積立投資やめたとしたって、 高配当株式なんか持っていれば配当金だって普通にもらえます。

売らない限りは。

 

ネット銀行からの引き落としとかもやっているならばそれも解除し、あとはポートフォリオを眺めないように画面を閉じます。

それだけでしばらく投資から離れることができます。

 

ちなみに投資を再開したくなったら、

  • 投資信託・・・積立投資設定する
  • 個別株、ETF・・・注文する
  • ポートフォリオ・・・眺めて気持ちを高める(笑)

 

投資をやめたときの逆をすればOKです。

 

多くの人がやらない投資、継続できただけでもすごい。

 

投資に疲れる、というのはぱぺまぺは経験していないので少し分からないです。

 

多分、日々の値動きに追われて、それで仕事に行き、でも仕事に集中できないとか。

プライベートの時間も銘柄のことが気になってしょうがないとか、投資に時間を使われるとかそういう感じなんですかね?

 

もしくは、 お金足りないのをなんとかやりくりして、それがストレスになって・・・、 みたいな。

 

ぱぺまぺはちょっとまだ投資に疲れるという感覚になったことがないのでわからないんですけどね。

 

そういう人も中にはいますので、ムリはいいませんからそういう時は一回休みましょう。

 

ぱぺまぺの場合はもうそういう疲れたというよりは、日々のルーチンみたいなものになってて何とも思っていません。

ぱぺまぺ的には、「お金がないから投資をやめる」というのが一番ありえるパターンです。

 

せっかく毎月予定を立てて、 計画して色々やっているのに急な出費とか、

自分の収入状況が大きく変わったりとか(転職、結婚など)。

 

そういうので変わったりとかはよくあります。

今月、投資よりそんなことよりも出費がやばい状況ってことですね。

投資をやってる場合じゃない!みたいな。

 

そういうときは、先ほどいったように積立投資の設定を解除したり、 投資の金額を例えば半分にしたりとか容易にできます。

これが固定の分割払いとかになると、こっちがどんなにお金がなかろうが容赦なく引き落としてきますよ。

 

投資の場合はいざとなれば自分で管理にできますので助かります。

 

投資は休むのも継続するのも自分次第。

 

止めたところで誰かに咎められるわけでもないし。

絶対にやめてはいけないわけでもありません。

計画を変更したって全然いいわけです。

 

そんぐらい楽な感じでやって、 投資を継続できればそれでよし。

また再開したくなったら再開すればいいそれだけです。

 

ちなみにぱぺまぺが投資を休む予定はあと30年先の予定です笑。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。