日本株式への投資は、ETFのみで行う

ETF

スポンサーリンク







どうも、ぱぺまぺです。

 

ぱぺまぺは米国に偏った国際分散投資をしています。

国際分散投資なので日本株式への投資も当然ながら行っていますがあまりメインで行ってはいません。

というのもぱぺまぺは日本で生活している以上、円に依存した生活スタイルになりますよね。

 

投資まで日本株式メインでするのもどうなのかな、という感じなんですよね。

 

ぱぺまぺ的には、日本株式への投資はETFで十分かな、と。

日本株式投資は1489ETFのみで行う

通貨分散・地域分散という観点でみれば日本株式に偏中して投資するものでもありません。

しかし全く投資しないのも、ということで投資はしているんですね。

 

日本株式の投資といえば代表的なものを挙げると、TOPIX や日経平均が挙げられます。

両者の違いは何かといえば、銘柄数がだいぶ違います。

 

  • TOPIX・・・上場日本株式だいたい全部入り
  • 日経平均・・・選ばれた225銘柄

 

米国株式風にいえば、全米株式とS&P500という感じですね。

注・・・例えの話であり実際のS&P500と日経平均では全く比較になりません。

 

以前ぱぺまぺは日本株式への投資は、つみたてNISAによる日本株式インデックス投信で行っていました。

  • eMAXIS Slim日本株式(日経平均)インデックス

eMAXIS Slim国内株式(日経平均)で、日経平均225銘柄を格安運用!

2018年11月12日

 

こちらへの投資はやめて、現在はETFである1489のみとなっています。

1489ETFで、疑似高配当投資

 

1489は、日本株式の配当銘柄だけを集めたものです。

50銘柄ぐらいで構成されていますが、日経平均やTOPIXよりかは少数精鋭って感じです。

日経平均

日本株高配当銘柄だけ集めたETF・1489とは

2019年4月27日
1489構成

日本株式の上位メンバーはだいたいいつもといっしょです。

またも米国で例えるとVYMやHDVにあたる存在かと思います。

 

VYMもHDVも、2つとも米国高配当株式だけ集めたETFです。

銘柄数的には、VYM > HDV という感じですね。

銘柄数だけみれば、1489はHDVに近いかな・・・。

 

日経平均系の投信やETFでもよかったのですが、高配当銘柄でない銘柄も色々いっしょくたであります。

米国ほど連続増配・高配当株式の投資戦略が取れない日本株式ですが、1489に投資することで擬似的な高配当株式戦略を取ることができます。

 

ぱぺまぺは配当を重視した投資戦略をとっていないので、1489ETFでとりあえずはいいかなと。

 

日本企業は、米国企業に比べてあまり株主還元意識がありません。

株主優待でごまかしている感じです。

 

ぱぺまぺ的には株主優待をやめて、このやめた分を分配金にまわして欲しいんですが。。。

 

まあ、それはさておき、1489に投資しておけば優良な高配当日本株銘柄にまとめて投資できます。

ぱぺまぺみたいに投資資金が少なくて個別株いくつも投資できなくても、このETFでごまかせます。

 

ETFのほうで不良な銘柄があれば自動的に除外され、違う優良銘柄が勝手に組み入れられるし、楽です。

 

ぱぺまぺは、日経平均よりもこちらの方が魅力を感じるので、日本株式についてはこっちに投資することにしています。

ただし100円から投資できる日経平均インデックスファンドと違って、一口単価30000円程度の1489は、ぱぺまぺの資金的に毎月投資はムリそうです(泣)

 

数ヶ月に1回1株買うという感じですね。。。

あまり真剣に投資していない日本株式なのでこの程度で十分です。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。




応援クリックよろしくお願いします。