公益セクターは安定的で退屈?

投資話

スポンサーリンク







ワンタップバイ米国では買えないセクター

どうも、ぱぺまぺです。

ぱぺまぺは、ワンタップバイ米国で個別株投資をしています。

一応、セクター(業種)別にわけて投資しています。

ポートフォリオ・保有セクター

  • ヘルスケア・・・ファイザー(PFE)
  • 生活必需品・・・コカ・コーラ(KO)、プロクター・アンド・ギャンブル(PG)、モンデリーズ・インターナショナル(MDLZ)
  • 一般消費財・・・マクドナルド(MCD)
  • 資本財・・・ゼネラル・モーターズ(GM)
  • エネルギー・・・エクソンモービル(XOM)
  • 情報技術・・・IBM(IBM)、シスコシステムズ(CSCO)、アップル(AAPL)、マイクロソフト(MSFT)、アルファベット(GOOG)
  • ETF・・・SPDRS&P500(SPY)

ワンタップバイ米国では、素材、公益、電気通信、タバコ、金融セクターがありません。

上記セクターのうちタバコセクターは、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)をSBI証券で保有していますが、それ以外のセクターは保有していません。

英国株式タバコセクター、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)

2019年1月9日

今回は、公益セクターについておおざっぱに紹介します。

公益セクターの特徴

公益セクターは、わかりやすくいうとインフラ系のセクターです。

インフラというと、電気、水道、ガス。

公益セクターは生活必需品セクターと同じように、不況に強いとされています。

しかし、パフォーマンスのほうはどうかというと、生活必需品セクターよりも劣ります。

生活必需品どころか、市場平均にもおとり、なんならセクターごとのパフォーマンスでは下から二番目に悪いという感じです。

セクターパフォーマンス(%)
ヘルスケア14.2
生活必需品13.3
情報技術11.4
エネルギー11.3
一般消費財11.1
市場平均10.9
金融10.6
電気通信9.6
公益9.5
素材8.2

上記はジェレミー・シーゲル著の「株式投資の未来」による1957年から2003年のセクター別のパフォーマンスです。

なんとなくこれをみちゃうと、ワンタップバイ米国で取り扱っているセクターが選ばれている理由がわかるような気がしますね。

 

公益セクターは、高配当銘柄が多いです。

高配当な公益セクター銘柄

  • ドミニオン・エナジー・・・直近配当利回り4.32%
  • デューク・エナジー・・・直近配当利回り4.33%
  • ザ・サザン・・・直近配当利回り5.31%

トータル・リターンでは市場平均には劣るかもしれませんが、高配当戦略として公益セクターに投資するのもありです。

国のインフラ系銘柄なので、よほどのことがないかぎりは潰れない(たぶん)、安定的に配当金を狙うなら公益セクターです。

公益セクターの代表的な銘柄

ガス・パイプライン

  • アトモス・エナジー(ATO)
  • クリーンエナジーフューエルズ(CLNE)
  • チャート・インダストリーズ(GTLS)
  • センプラ・エナジー(SRE)

こちらはガス事業・天然ガス・パイプラインなどのガス供給会社です。

米国内の大手顧客向けにガス販売や調達などを行っています。

電力

  • ドミニオン・エナジー(D)
  • デューク・エナジー(DUK)
  • ネクステラ・エナジー(NEE)
  • ナショナル・グリッド(NGG)
  • ザ・サザン(SO)

電気事業会社です。

なお、ナショナル・グリッドは、ADR銘柄で英国株式になります。

水道

  • アメリカン・ウォーター・ワークス(AWK)
  • アメリカン・ステイツ・ウォーター(AWR)
  • コンソリデーテッド・ウォーター(CWCO)

水道事業会社です。

ちなみに、AWRは63年連続増配記録というとんでもない記録をもっています。

公益セクターETF

主な公益セクターETF

  • iシェアーズグローバル公益事業ETF(JXI)
  • バンガード米国公益事業セクターETF(VPU)
  • 公益事業セレクト・セクターSPDRファンド(XLU)

上記のETFは、公益セクターに特化したETFです。

VPUを参考に構成業種をみると、下の図のような感じです。

電力事業が半分以上を占めています。

配当利回りが高い銘柄もそういえば、電力事業ですね。

公益セクターは債券的

こちらはVPUのチャートですが、2009年のリーマンショックの落ち込みからわずか二年足らずで回復しています。

 

株式だけど、債券以上株式未満的な感じで公益セクターに投資する戦略をとるというのはどうでしょう。

株式だけど債券的な位置づけとしてポートフォリオのリスクを軽減してくれるでしょう。

リスク抑えめに投資する名目で、ポートフォリオにちょっと加える、みたいな?

ぱぺまぺは、ワンタップバイ米国で買えないし、他の証券会社でも公益セクターにも投資するつもりはありません。

ただ、ワンタップバイ米国で公益セクターが出たら高配当銘柄であれば投資するかもしれません。

ここまで読んでくださりありがとうございました。




data-matched-content-ui-type="image_sidebyside" data-matched-content-rows-num="4,3" data-matched-content-columns-num="1,3"

応援クリックよろしくお願いします。